FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年06月25日

朝日新聞の大いなる自己矛盾 ~ 史実にこだわるなら慰安婦問題の謝罪が先だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

今朝の朝日新聞の社説は、「沖縄慰霊の日―戦争の史実にこだわる」と題した、戦前・戦中の日本の否定を強く主張するものだった。
朝日新聞がどういう論説を展開しようと、それはメディアとしての立ち位置の問題だから、基本的には朝日の自由である。しかし、彼等は自らの大いなる矛盾に気づいていないのだろうか。

沖縄慰霊の日―戦争の史実にこだわる (朝日新聞)

 歴史を伝える。そのために残すべき言葉をめぐり、沖縄で論争が続いている。
 沖縄県が那覇市の首里城公園内に設けた説明板のことだ。
 ここには、沖縄戦でこの地域の旧陸軍を指揮した第32軍司令部壕(ごう)があった。
 説明文の原案は、県から委嘱された大学教員らの検討委員会がまとめたが、原案にあった壕内にいた「慰安婦」や、壕周辺であった「日本軍による住民虐殺」の言葉が、県によって削除された。安全を理由に、今後、壕を埋めることもあるという。
 検討委員会の委員を務めた村上有慶さんは「説明板を一度撤去し、文案を練り直してほしい」と批判している。
 大切な戦争遺跡だ。豊見城(とみぐすく)市にある旧海軍司令部壕のように歴史を学べる場所になるよう整備し、保存するべきだ。
 折しも、米軍の新型輸送機オスプレイの配備を拒む県民の闘争が島ぐるみになりつつある。
 そんな状況の下で、6月23日の沖縄慰霊の日を迎えた。
 平和を希求する県民の心は、歴史を大切にする思いと重なっている。
 沖縄戦をめぐっては、旧文部省や文部科学省が高校日本史の教科書検定で、日本兵による住民虐殺の記述の削除を求めたり、集団死への「日本軍の強制」を消させたりした。
 そうした動きに、沖縄国際大学で国際平和学を教える安良城(あらしろ)米子さんは、教科書執筆者が証拠となる史料に基づいて、沖縄戦の本質を記すべきだという。
 安良城さんは講義で旧日本軍の史料を使う。例えば1945年6月15日の「鹿山文書」は旧日本軍による住民虐殺が起きた久米島で、海軍通信隊長が出した文書だ。米軍の投降勧告ビラを持っている者は「敵のスパイとみなして銃殺する」とある。
 住民の証言を裏づける史料といえる。沖縄戦で軍は住民を守らなかった。「それどころか、日本軍の軍事作戦で住民が直接に日本軍に殺害されたり、死に追い込まれたりしたことを学生は学ぶ」という。そして安良城さんは、「集団自決」という言葉にも慎重に、と求める。
 県の旧平和祈念資料館の設立理念を記した文には、住民「自ら命を絶ち」という記述があった。だが、2000年に開いた現在の平和祈念資料館では論議の末に「自ら命を絶たされ」に直した。館内の説明も「強制による集団死」に改めた。
 「集団自決」という言葉には国に殉じたものとして賛美し、強制された死を隠す意図があると、地元の人は感じている。


極めて朝日らしい論説である。
文章は朝日新聞の意見であるにもかかわらず、「平和を希求する県民の心」と言って、あたかも主体が沖縄県民であるようにすり替えるという姑息な手段を使う。
中身は、客観報道を装った、朝日新聞のプロパガンダである。
だから薄っぺらさが露呈する。

朝日は「戦争の史実にこだわる」と言う。
それなら、朝日が焚きつけた、いわゆる慰安婦問題とは何なのか。
史実にこだわるのであれば、その事象が客観的に立証された事実でなければならない。
ところが朝日が日本を巻き込んで炎上させた慰安婦という問題は、言いだしっぺの吉田清治がウソっぱちだと懺悔し、その後も軍の命令を裏付ける事実は出てきていない。
軍の強制連行を裏付ける事実が出てこず、困った朝日はこの問題を「狭義の強制性」(強制連行)ではなく「広義の強制性」(選択の自由がないなど)ことが問題である」と論旨をすり替えた。
そして今日にいたる20年間、一言の謝罪も掲載していない。

朝日新聞が史実にこだわるのであれば、先ずやらなければならないのは、自紙の捏造報道についての総括と謝罪である。
それがなければ、彼らに史実にこだわる資格すらない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/06/25 14:58 ] メディア | TB(1) | CM(1)
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ