FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年06月22日

どうやったら小沢一郎を支持できるのか?私にはわからない・・・

← 応援クリック、ありがとうございます。

ここ数日、小沢一郎を支持するブロガーの記事を、自分にしてはかなり真剣に読んでみた。
こういう人たちが、何故小沢一郎を支持するかを知りたかったからだ。
例えば、私も参加している「にほんブログ村」などでは、小沢支持派のブログがずらりとランキング上位に並んでいる。
こういう“支持されているブログ”のなかに、説得力のある論説がきっとあるのだろうと、“期待”しながら読んでみた。
少なくとも、私のようなおバカが書くブログとは違い、鋭敏な分析や、今迄気付かなかった視点などを示唆してくれるかもしれないと、興味津々で徘徊を重ねた。
結果から言うと、私のブログ徘徊は全くの徒労に終わった。

おりしも週刊文春で小沢の“元”妻である和子氏の手記が掲載され、税と社会保障の一体改革法案での造反が取りざたされる中だ。
「岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」とまで言われた。
放射能が怖くて首都から逃げ出したなどというエピソードは、恥さらしもいいところだ。
しかも、出所は身内中の身内である。
小沢支持者は条件反射のように、あの記事が「捏造」だと言い、陰謀だと力説する。
確かにタイミングとしては、橋下徹氏が大阪市長選を争っている最中に出た「橋下バッシング」記事と類似している。しかし、記事を捏造だと力説するブログには、何故捏造と断定するのかの理由が薄っぺらく、説得力となるやあまりに希薄である。
依存症の独り事」さんがこの文春記事についてエントリーを書いておられるが、こちらの説の方が遥かに説得力があるように思う。

小沢一郎

私が敬愛する、文芸評論家であり、保守論壇の重鎮だった江藤淳は、生前、小沢のことを非常に高く評価していた。江藤の目には、小沢が自民党という、当時既に既得権益化した政党に囚われず、日本の政治を根本から変えようとした救世主に見えていたのかもしれない。
江藤と小沢の対談では、なるほど小沢はまともなことを言っている。

 わけの分からない者同士(理念の異なる者同士)が数合わせで一緒になったって今の連立(注:自社さ連立政権)と同じことです。そこを僕は何度もマスコミに説明するんですが、彼らもわからなくて数合わせの話になっちゃうので不本意なんです。次の時代をにらみながら、本当の意味の民主主義、広い意味での保守・中道の政治を実現しようという者同士が連携し合うことは必要じゃないかと思うんです。
 一方で、そうでない人たちの存在を否定する必要はないので、その人たちはその人たちでリベラルか何だか知らんけれど集まればいいんです。そうすると国民は選択しやすくなる。違いがはっきり分かるから、そういう意味の再編をとにかく少しでも早くはったほうがいいと思ってるんですよ。


論は至極まともである。
ただ、おわかりだろう。
これは小沢一郎の変節の証左だ。
「わけの分からない者同士」が集まって「数合わせ」をしているのは、まさに今の民主党ではないか。
どう考えたって、数=力としてきたのが小沢一郎である。
しかも保守のメッキが剥がれて姿を現したのは、リベラルで、支那にひたすら媚を売るひとりの政治家である。

小沢支持派は、マニフェストという国民との契約を守ろうとする小沢こそ、民主党の本流であると力説する。しかし、政権交代から3年弱が経った今、衆参あわせて395もの頭脳(あるのかどうかは不明)を結集しても成し得なかったのが、民主党のマニフェストだ。
実現不可能なことは、恐らくほとんどの国民は気づいている。
小沢は、政策の実現というプロパガンダを流布しつつも、政治のリアリズムに対して、目を瞑り、それを政局化しているだけなのだ。

小沢を支持する方々は、何故小沢を支持するのか、是非とも教えてほしい。
政治家小沢一郎も、彼を支持する人も、私の理解を遥かに超えている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/06/22 11:18 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ