私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年06月

ホワイトハウス公式見解 ~ 日本海は東海にあらず

← 応援クリック、ありがとうございます。

韓国およびその民族は、日本海という呼称を「東海(トンヘ)」に変更すべき、もしくは「日本海/東海」と併記すべきとして、様々な運動や工作を行っている。
この問題について、米ホワイトハウスが29日、公式見解を出した。
この見解は、"Sea of Japan -the authentic history in our textbooks! We are teaching our children the authentic history, so why change?"という陳情に対して表明されたものだ。
ちなみにこの陳情は韓国民族によるものではない。
"Narihira Y"さんという米ミシガン州在住の方が発起したものである。

さて米政府の回答はというと、端的にいえば「日本海は日本海だよ」というものだった。
以下はその回答である。

Response to We the People Petition on the Sea of Japan Naming Issue

Thank you for using the "We the People" platform to express your views on the usage of the term "Sea of Japan."

It is longstanding United States policy to refer to each sea or ocean by a single name. This policy applies to all seas, including those bordered by multiple countries that may each have their own names for such bodies of water. Concerning the body of water between the Japanese archipelago and the Korean peninsula, longstanding U.S. policy is to refer to it as the "Sea of Japan." We are aware the Republic of Korea refers to the body of water as the "East Sea," and the United States is not asking the Republic of Korea to change its nomenclature. U.S. usage of the "Sea of Japan" in no way implies an opinion regarding any issue related to sovereignty.

We understand that this naming issue is an important and sensitive one for both the Republic of Korea and Japan. I assure you the United States remains committed to our deep and indispensable alliances with the Republic of Korea and Japan, relationships based on shared values and mutual trust. We will continue to work with the Republic of Korea and Japan to address regional and global challenges together.

Kurt M. Campbell is Assistant Secretary of State for East Asian and Pacific Affairs


일본해 명명 표기 관련 위더피플 청원에 대한 회신

작성: 커트 캠벌

"일본해"라는 용어 사용에 관한 귀하의 의견을 밝히고자 “위더피플”의 플랫폼을 이용해 주셔서 감사합니다.

각각의 바다, 또는 해양을 하나의 이름으로 지칭하는 것은 미국의 오랫동안에 걸친 방침입니다. 이 방침은 모든 바다에 적용하므로, 각국의 고유한 수역 이름을 가질 수 있는 다수 국가의 국경에 접하는 경우도 포함합니다. 일본 열도와 한반도 사이에 있는 수역에 관하여, 미국의 오랜 방침은 "일본해"로 지칭하는 것입니다. 우리는 대한민국이 그 수역을 "동해"로 지칭하고 있음을 인지하고 있으며, 미국은 대한민국으로 하여금 그 명명을 변경하도록 요구하지 않습니다. 미국의 "일본해" 명칭 사용은 국가 주권에 관련된 어떤 사안에서 그에 관한 의견을 함축하는 것은 결코 아닙니다.

저희는 이 명명에 관한 사안이 대한민국과 일본 양국에 모두 중요하며 민감한 문제라는 것을 이해하고 있습니다. 본인은 귀하에게 미국은 대한민국 및 일본과의 깊고도 긴요한 동맹 관계와 공유한 가치 및 상호 신뢰를 바탕으로 한 국가 관계를 계속 지켜나갈 것을 이에 분명히 다짐하는 바입니다. 저희는 대한민국 및 일본과 함께 지역적으로나 세계적으로 어려운 문제에 공동으로 대처하는 노력을 계속할 것입니다.

커트 엠. 캠벌은 동아시아 태평양지역 담당 국무부 차관임.


日本海命名問題に関する 人民陳情に対する回答

カート・キャンベル執筆

「我ら人民」のプラットフォームを使って、「日本海」という言葉の使用に関する見解を表明していただいて、ありがとうございます。

各々の海洋を単一の名称で言及することは、米国の長年にわたる方針です。この方針は全ての海洋に適用されており、その中にはこうした水域についてそれぞれ独自の名称をつけている複数の国々の国境が接している海域も含まれます。日本列島と朝鮮半島の間にある水域については、「日本海」と呼ぶのが長年にわたる米国の方針です。我々は、韓国が同水域を「東海」と呼んでいることに気付いており、米国は韓国にその命名法を変更するよう求めてはいません。米国が「日本海」という名称を使用することは主権に関連した何らかの問題についての意見を示唆するものではありません。

我々は、この命名問題が韓国と日本両国にとって重要で慎重に扱うべき問題であることを理解しています。米国が韓国と日本との深くかけがえのない同盟関係、共有する価値観と相互信頼に基づく関係に対するコミットメントを維持し続けていくことを、私は保証します。我々は、地域的・世界的な挑戦課題に共に対処するため、韓国および日本と協力し続けます。

カート・M・キャンベルは、東アジア太平洋問題担当の国務次官補である。


当然と言えば当然の結果だ。
米政府の公式見解は、捏造と歪曲に基づく韓国史を用いて、その史観や歴史認識を世界史にまで波及させようとする韓国の工作の止めるための一里塚とも言える。

いま、2007年7月30日、米国下院を通過した121号決議、いわゆる「慰安婦決議」の撤回を求める署名活動も行われている。
現在集まっている署名数は6,539。7月21日の期限までにあと18,461の署名が必要だ。
是非こちらにも署名をお願いしたい。

Repeal the House of Representatives Resolution 121 to stop aggravating int'l harassment by Korean propaganda & lies!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご面倒ですが、是非ともランキングバナーのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
[ 2012/06/30 09:07 ] 領土問題 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: