FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年05月07日
月別アーカイブ  [ 2012年05月 ] 

韓国との相互理解など、100年無理だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

朝鮮半島というのは摩訶不思議な地域で、一方は先軍政治で国際社会から孤立する道を邁進し、もう一方は自らを「偉大なる民族」と定義し、主観的な自己顕示欲を満たすことを生き甲斐にしている。
どちらも、通訳がいたとしても意思疎通を図るのが困難で、相互理解が可能かというと、極めて困難な相手である。
北方の国はミステリーだが、南方はオープンだ。
ただ、南方はオープンさゆえに、その特性である欺瞞の情報には事欠かない。

その“南方の国”韓国が、昨年の日本大使館前の慰安婦像に次ぐ反日のシンボルを、ソウルに建設した。
「戦争と女性の人権博物館」と称するこの建物には、元慰安婦が旧日本軍から「被害」を受けたことを示すとされる資料、写真などのほか、大使館前に設置されているものと同寸大の慰安婦の像も置かれているそうだ。

「戦争と女性の人権博物館」

韓国が問題化している慰安婦は、もともと朝日新聞の植村隆という記者、いや放火魔が、キーセン(妓生)として人身売買された韓国人女性を「強制連行された」と、事実無根の扇動記事を書いたことに由来する。
朝日新聞は、最近でこそ「従軍慰安婦」から「慰安婦」と表現を変え、ややトーンダウンしてきたかに見えるが、彼らが起こしたこの放火まがいの事件について、きっちり検証していない。
一方で、植村が焚きつけた火がどんどん大きくなり、ハルモニと称される“自称”慰安婦は、韓国の反日イデオロギーに欠かすことのできない広告塔となった。

日本の戦後の言語空間は、極めて閉ざされている。
しかし、韓国のそれは、日本以上に閉鎖的だ。
反日を国是とする韓国は、日本に対する「恨」の精神をエネルギーとしていて、その「恨」の精神を涵養するために反日教育を推進する。
教育の現場だけではなく、韓国の国会は「親日罪」(親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)という法律まで制定し、親日派の言語さえ奪うのである。
つまり、日本を肯定する韓国人は反国家分子とされ、財産まで没収され、学会や居幾現場、メディアから抹殺される。
学会や居幾現場、メディアから抹殺されることが何を意味するかと言うと、彼の国では「歴史を学ぶことを拒絶する」ということなのだ。
だから韓国民は歴史を学ばない。
少なくとも“正しく客観的な歴史”を学ばない
だから韓国国民と日本国民との間には、埋めがたい溝があるのだ。

「国家100年の計は教育にあり」という言葉がある。
人心を育てるためには100年の歳月を要するということだ。
だから、反日教育を国是とする韓国とは、少なくとも100年、相互理解などあり得ない。

韓国と相互理解を得る日が来るとすれば、それは日本が河野談話を否定し、韓国が反日教育をやめて暫く年月が経ったころだろう。
少なくとも近未来的には無理な相談である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/05/07 11:20 ] 外交 | TB(1) | CM(0)
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ