FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年04月26日
月別アーカイブ  [ 2012年04月 ] 

小沢無罪判決と馬鹿げた復権論

← 応援クリック、ありがとうございます。

小沢一郎に無罪判決が言い渡された。
私自身は、もうとっくの昔にこの小沢裁判への興味が失せていて、無責任のそしりを恐れず言うならば、今回の判決も「ふ~ん」程度の感想しか持ち得ない。
日本の司法制度の上で公正な法廷審議を受けたうえでの判決であるから、日本国民として受け止めるべきものだと思うが、一方で「無罪は無実ではない」ということ、そしてこのことで小沢一郎を取り巻く「疑惑」がすべてきれいさっぱり払拭されたと受け止めるには、どう考えても無理がある。
加えて、永田町に存在するいわゆる小沢一派や、植草一秀や天木直人のような小沢マンセー論評者・信者たちが、「勝てば官軍」とばかりに一斉に「小沢復権」を喚きだすとしたら、違和感を通り越した嫌悪感以外なにも感じないだろうと思う。

私が小沢裁判に興味を失ったのは、小沢一郎という人物が、裁判云々以前に、我々国民の負託を受け、為政者として政治を行う最低限の条件、即ノブレス・オブリージュ(位高ければ徳高きを要す)のベクトルからかけ離れた存在であるからである。
この裁判は、政治資金収支報告書の虚偽記載についての告訴を受けた結果である。
では、この虚偽記載の疑いが晴れることによって、小沢一郎が真っ白な政治家であることの証明になったのかというと、全くそうはならない。
かつて、社民党(現在は民主党)の辻本清美が鈴木宗夫のことを「疑惑の総合商社」と呼んで話題となったが、鈴木宗夫に勝るとも劣らない疑惑を、この小沢は抱えている。
西松建設の証言付きの裏金、不動産会社と言う方が相応しい陸山会という政治資金管理団体・・・。
これらのことについて、国会で説明も釈明もせず、逃げ回っているのが小沢だ。
晴れて無罪判決を勝ち取り、復権すると言うなら、堂々と証人喚問で弁明すればよい。
国民は待っている。
小沢が“位高くて徳高き”かどうか、国民が判断するのはそれからだ。
「小沢チルドレン」の一人、三宅雪子は、目に涙を浮かべて「司法に正義は残っていた」と吐いたようだが、司法に正義があることと、小沢が正義かということは別問題である。
この段階で「小沢首相待望論」なるものがTwitter等で見られるが、阿呆かと言いたい。

この判決を受けたマスメディアも、相変わらず政局一辺倒の報道である。
確かに、小沢の無罪判決による政局への影響は大きい。
ただ、もう少し視点を司法システムの問題として見解を争うべきである。

唯一の希望の光と言えば、この判決によって民主党の反体制勢力が力を増し、それによって民主党の分裂が早まる可能性が、僅かながら出てきたことだ。
しかし、その一点の光のあるなしに関わらず、政治全般に急ブレーキがかかることは避けられないだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/04/26 14:17 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ