FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年04月10日
月別アーカイブ  [ 2012年04月 ] 

莫迦鳩の再入国 ~ 鳩山由紀夫を逮捕せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

鳩山由紀夫がイランへの海外旅行を終え、帰国した。
待ち受けていたのは、批判とバッシングの嵐。
当然である。
この莫迦鳩は政府の意向に従わず、外務大臣の静止まで振り切って外遊した。
今朝の産経新聞で阿比留記者がルーピーのことを「飛んで火にいる春の鳩」と揶揄しているが、言い得て妙であるものの、笑いごとでは済まされない。

国際関係の中で孤立を深めるイランが、日本の元総理の訪問を利用しないはずがない。
イランのインテリジェンス、マスメディアが手ぐすね引いて待ち構える中に、一羽の鳩が飛び込んで行ったも同然だ。
案の定、ルーピーの発言を引用し、イラン国営プレステレビが、「鳩がIAEAについて、イランなど特定国を不公平に扱っていると批判した」と伝えた。
帰国して報道を事実無根とし、捏造だと批判したところでもう遅い。
“国際協調の中でのイラン包囲網に水をさす日本”というイメージを、全世界に発信してしまった。

よく昔から「バカは死ななきゃ治らないと」言われるが、この鳩も同様である。
民主党はこの莫迦に最高顧問という称号と立場を与え、外交という担当分野までプレゼントした。
「ゆきおちゃんは偉いんだよ。ほら、この外交っていうおもちゃで遊んでらっしゃい」と、遊び道具を与えた。
しかし同時に、「でもひとりで遊んじゃダメよ。」と釘を刺すのを忘れてしまった。
ゆきおちゃんは与えられたおもちゃが嬉しくて、思い切り遊んでしまった。親や友達が、どう感じるかは全く考慮せずに…。
もう救いようながない。
先日のブログで、幽閉が無理ならこの鳩の再入国を禁止せよと書いたが、すでに帰ってきてしまったので、幽閉、軟禁、羽交い締めなど手段を選ばず、再発を防止すべきだ。
私なぞ、もうこの政治家は、外患誘致罪で逮捕すべきだと思っている。

こんなポスターを貼り出して、特別手配の対象にするべき危険鳩である。

鳩山由紀夫は逮捕すべきだ!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/04/10 12:28 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ