FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年03月15日
月別アーカイブ  [ 2012年03月 ] 

菅直人の怒鳴り込みビデオ

← 応援クリック、ありがとうございます。

菅直人前首相が、原発事故に際して東電本社に乗り込み、怒鳴り散らした醜態をおさめたビデオがあるという。
各紙の報道によれば、

「60(歳)になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く」

これは、どう読んでも恫喝だろう。
当時、東電が福島原発サイトから全面撤退すると勘違いした菅が、冷静さを失って発した言葉なのだろうが、度が過ぎる。
「俺も行く」という言葉を評価するむきもあろうが、こんなことを言ったところで、側近が止めるに決まっている。計算ずくと言えなくもない。
実際、菅は発言前に原発現場に赴いたが、その行動が、危機に直面した際の国家のリーダーとしてあるまじき行為だと批判の的となったことを、菅自身がよく知っている。

幹部は死んだっていい俺も行く 菅首相、原発危機的状況で東電に (中国新聞)

 水素爆発が相次ぎ福島第1原発事故が危機的状況に陥っていた昨年3月15日未明、菅直人首相(当時)が東京電力本店に乗り込んだ際の「60(歳)になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く」などとの発言を、東電が詳細に記録していたことが15日、分かった。
 菅氏の東電訪問は政府の事故調査・検証委員会の中間報告などでも触れられているが、記録からは、東電が第1原発から全面撤退すると考えた菅氏が、かなり強い口調でできる限りの取り組みと覚悟を迫っていたことがうかがえる。
 記録によると、本店2階の緊急時対策本部に入った首相は、政府・東電の事故対策統合本部の設置を宣言。「このままでは日本国滅亡だ」「プラントを放棄した際は、原子炉や使用済み燃料が崩壊して放射能を発する物質が飛び散る。チェルノブイリの2倍3倍にもなり、どういうことになるのか皆さんもよく知っているはず」と強い危機感を示した。
 さらに「撤退したら東電は百パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ」と迫った。
 東電の事故対応について「目の前のことだけでなく、その先を見据えて当面の手を打て」「無駄になってもいい。金がいくらかかってもいい。必要なら自衛隊でも警察でも動かす」と、改善を求めた。
 15日未明の段階では、2号機も水素爆発の恐れがあった。状況説明に対し、菅氏が「何気圧と聞いたって分からないじゃないか」といら立つ場面もあった。
 菅氏は対策本部に大勢の東電社員がいるのを見て「大事なことは5、6人で決めるものだ。ふざけてるんじゃない。小部屋を用意しろ」と指示、勝俣恒久かつまた・つねひさ会長ら東電トップと対応を協議した。
 菅氏が撤退を踏みとどまるよう求めた発言と、対策統合本部の設置について、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)は「(危機対応として)一定の効果があった」と評価している。
 今月14日の国会の事故調査委員会では、菅氏の東電訪問時の映像(音声なし)が残っていることが明らかになった。


私はこのセリフを読んで、そのメンタリティが酷似しているある人物を思い出した。
漫画家の雁屋哲だ。
雁屋は人気マンガ『美味しんぼ』の作者として知られているが、この人物の正体は極左だ。
その発言は、普天間問題を「天皇の責任だ」というまでに至る。
参考: 【政治】普天間問題で鳩山首相を叩くのは間違ってる。悪いのは昭和天皇と自民党政権-雁屋哲氏

原発事故が発生した際、雁屋はこんな暴言を吐いた。
東北地方を中心とする大震災で罹災された方々にお見舞い申し上げます

(抜粋)
 しかし、はっきりしておきたい。
 地震は天災である。
 だが、原発事故は人災である。
 過去の自民党政権の遺産である。
 自民党の現議員たち・前議員たち・元議員たち、総出で福島冷却水問題に当たれ。
 本当に国を思って原発を建てたのなら、今こそ自民党人柱隊を作って福島原発に突入せよ。
 今の民主党政府の取り組み方を批判する資格はお前たちにはない。
 分かっているのか、この、腐れ自民党どもが!
 貴様等の悪政が今の悲劇を招いているんだ。
「自民党人柱隊を作って福島原発に突入せよ。」


菅の発言が、この雁屋の発言にあまりに似ているので、笑ってしまうほどだ。
「決死の覚悟でやれ」というのは、最後まで責任を持ってやれということだが、「死ね」ということ、もしくは「お前らは死んでもいい」ということは、死んで償えということである。意味が全く違う。
菅も雁屋も、持てるメンタリティは同じだ。
こういうメンタリティを持つ人物を首相にしたのが間違いだったのは、改めて言うまでもないだろう。
次期衆院選での当落を見守りたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/03/15 14:02 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ