FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年03月08日

河村市長南京発言問題 ~ 「中国の代弁者」朝日新聞の愚劣な社説

← 応援クリック、ありがとうございます。

いやはや、今朝の朝日新聞の社説は酷かった。
胸焼けがするような酷いものだが、ぜひ全文をお読みいただきたい。

河村市長発言―日中の大局を忘れるな

 国交が正常化し40周年を今秋に迎えるにもかかわらず、日中関係がぎくしゃくしている。
 原因は、歴史認識と尖閣という国交正常化以後も日中間のトゲとなってきた問題だ。
 名古屋市の河村たかし市長は先月、表敬に訪れた中国南京市の共産党委員会幹部らに「一般的な戦闘行為はあったが、南京事件というのはなかったのではないか」と発言した。
 南京大虐殺については、日中首脳の合意で作った日中歴史共同研究委員会で討議した。
 犠牲者数などで日中間で認識の違いはあるが、日本側が虐殺行為をしたことでは、委員会の議論でも一致している。
 そういう重い経緯のある問題で、姉妹友好都市である南京市の訪問団に対し、河村氏が一方的に自らの考えを示したのは、あまりに配慮が足りない。
 河村発言に対して、南京市民らが強く反発した。上海の日本総領事館は、交流文化行事「南京ジャパンウイーク」の延期を決めざるをえなくなった。日中柔道交流は中止になった。
 だが河村氏は、発言を撤回する気はないようだ。
 国益がぶつかる政府間とは別に、都市や民間の交流は信頼関係醸成に有効だ。それなのに河村氏の発言は、政治家としても市長としても不適切である。
 中国側も、市民や青少年交流が「相互信頼を絶えず深化させる」(楊潔チー〈ヤン・チエチー、チーは竹かんむりに褫のつくり〉外相)と評価するのなら、交流を狭くするような動きは避けてほしい。
 河村発言問題が収まらないなか、日本政府は2日、沖縄県の尖閣諸島の四つの無人島に新たな名前を付けた。すると、中国政府は翌日、独自の名称を発表して自国領と主張した。
 日本だけでなく、中国でも世論が政治に影響を及ぼす。列強の侵略の記憶が根強く残る一方で、大国意識の強い国民は「弱腰外交」に敏感だ。
 このため外交当局はしばしば世論の攻撃の的となる。命名でただちに反応したのは、世論を沸騰させないためでもあろう。
 尖閣沖漁船衝突事件などで日本の対中世論も厳しいが、日本政府は命名で記者会見や報道発表をせず、ホームページでの掲載にとどめた。藤村修官房長官は「事務的に淡々とやってきたことだ」と語った。こうした冷静さを両国は保つべきだ。
 歴史認識や尖閣といった問題で、日中双方がともに満足できる魔法の杖を見つけるのは至難のことだ。
 そうであるならば、日中の両国は友好と安定の大局を選ぶしかあるまい。


この「日本を貶める」のが社是であるが如き大新聞は、南京事件が事実でないと困ってしまうのだ。
だから彼等が言う「南京大虐殺」を必死に肯定し、世論がぶれないように工作する。
日本人に贖罪意識を埋め込み、それを固定化するのが朝日のやり口である。だから、日本悪玉史観を否定する説が出ると、真っ向から反撃する。昨日書いた、中国、韓国、およびその国民のメンタリティと瓜二つである。

文書を読んでまず思うことは、朝日の主張が日本人の立場には立たず〝完全に〟中国側の代弁者になっているということである。
まず、河村市長の発言を「配慮がない」「不適切」と批判し、中国が尖閣の島々に独自の名称をつけたことを、「弱腰外交に敏感な世論が強いからしょうがない」とばかりに弁明する。
河村市長は「歴史問題について話し合おう」と言っていることを忘れてはならない。
朝日の社説は、その話し合いすら否定するものだ。
恐らく、歴史問題とその認識を背景とした戦後史観が崩れることを、朝日は最も警戒しているのではないか。
戦後史観の否定は、朝日新聞の〝任務〟の終了を意味する。
だから「大局」という言葉で紛らわせ、事実関係をうやむやのまま固定化したがるのだ。
中国との「友好と安定」なんてあり得ない。
この「人民日報日本支局」は、どこまで生き恥をさらし続ければ気が済むのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/03/08 13:12 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ