FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年03月

桃太郎侵略者説と“新”花咲か爺さん ~ 昔話の否定と道徳の喪失

← 応援クリック、ありがとうございます。

今日は消費増税にまつわる民主党の内輪もめ報道ばかりなので、違うことを書きます(笑)。

自民党のヤンキー先生こと、義家弘介議員の動画を観て、憂鬱な気分になりました。
義家氏は、朝日新聞が刊行する「朝日小学生新聞」に掲載された「新花咲か爺さん」という偏向事実をとりあげています。
花咲か爺さんの物語の完全否定。
花咲か爺さんは実は手品師であり、だから灰を撒いて枯れ木に花を咲かせることができたという主張。物語の結末まですり替えてしまう。
日本人が古くから連綿と引き継いできた価値観など、朝日新聞には全く意味のないものだという例証です。
全く朝日新聞というメディアは、大人の目の届きにくいところで、子供たちを洗脳しようとするのですね。授業をたまにしか参観できない保護者の目の届かぬところで子供たちを洗脳しようとする、日教組教師と体質が全く同じです。詳しくは最下部の動画を観てください。

子供の教材である昔話や童話を偏向教育の具にするのは、サヨク教師の常套手段です。
例えば桃太郎という、誰でも知っている昔話があります。
桃太郎が、村の人々を困らせている鬼を、鬼ヶ島に退治にいくという物語ですね。
そして、道中出会った犬、キジ、サルと共同で鬼ヶ島の鬼を成敗し、宝を持ち帰る。お爺さんとお婆さんは、無事に帰ってきた桃太郎を大歓迎し、その後幸せに暮らしたというエンディングです。
子供たちはこの物語から、悪いことをするとひどい目にあうことを学びます。
そして、桃太郎の正義感を学び、善悪や分別を身につけることになるでしょう。
しかし、偏向教育を推進する教師、もしくはサヨクの手にかかると、桃太郎は侵略者であり、略奪者と定義されます。
鬼ヶ島は、その名も通り海を隔てたところにあるから、海を超えて外地を侵略することになるという。また、鬼を退治したあとに宝物を持って帰るから、略奪したことになるという。

ネットで検索すれば、こういう説はいくらでも出てきます。
典型的な例がこれ。
桃太郎論議
http://www.k4.dion.ne.jp/~nobk/okym/momotaro.htm

 それにも増して、私が好きになれない気持ちの根底にあるのは、桃太郎と云う男が、云うなれば、侵略者であり略奪者であるという点である。名目は何であれ、武力をもって攻め入って財宝を奪って帰る。これは軍国主義者であり拡張主義者であり帝国主義者であり、現代の日本にあっては、決して許されることのない人物である。それやこれやで、私は桃太郎は好きになれない。


そしてこんなのもある。
桃太郎を告訴
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/946670.html

昔むかし、
桃太郎は、「私的な判断で鬼を悪と決めつけ」・・ポイント1、
配下に加えた犬猿雉と共に暴力による攻撃を実行。
「その財産を奪い去り私有物としました」・・・・ポイント2。
正確な年代は特定されていませんが、鬼が人々に
実害を与えていた時代背景から想像すると平安時代じゃないかと思います。
当時の法律でも、上記のポイント1および2は非合法
なんじゃないかと思いますが、いかがでしょう。


どちらも噴飯ものです。
桃太郎は、村の人々が鬼によって迷惑を被っているから、害悪の根源である鬼をこらしめに行っただわけです。いわゆる勧善懲悪です。これ否定すると、悪事を働く者に対しても口をつぐめということになります。
桃太郎は自衛権の行使をしただけなのです。
この場合の自衛権は、個別的自衛権です。一方で、犬、キジ、サルは集団的自衛権の行使をしたということです。
しかも、桃太郎は命乞いをした鬼を殺さず、その見返り(賠償とも解釈できる)として宝物を獲得したわけです。キリスト教や大陸、半島の価値観なら、確実に鬼を殺してますね(笑)。
昔話や童話は、子供たちに正義、分別、礼儀、それらすべてによって形成される「道徳」を学ぶ非常に良いテキストなのに、それをこねくり回した上に捻じ曲げる。
こんな教育が許されていい訳ありません。
「桃太郎侵略者説」を唱える人たちの目的とは一体何なのか?
桃太郎の物語の鬼が現代社会に存在し、それ等が我々国民の生命や財産を脅かし、領土をかすめ取ろうとしたり、ミサイルを撃ち上げようとしたときに、その対象で当事者としてこの人たちは、そういう所業を容認できるはずもないだろう。
彼等の道徳的価値観とは何なのか?
お花畑もいい加減にしてもらいたいものです。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/03/29 13:17 ] 教育 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ