FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年02月13日
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

宜野湾市長選、伊波氏の敗北を歓迎する!

← 応援クリック、ありがとうございます。

沖縄県宜野湾市長選が即日開票され、新人の佐喜真淳氏(無=自民・公明・改革推薦)が、元市長・伊波洋一氏(無=共産・社民推薦)を破り、初当選した。
得票数は、佐喜真氏が22612票、伊波氏が21712票という僅差である。
この選挙結果は歓迎すべきものだ。
宜野湾市は、米軍普天間飛行場を抱えることで、全国から注目される市だ。
普天間飛行場に関するスタンスは、佐喜真氏が県外移設を主張、伊波氏は県外、国外移設を主張しているから、両氏の主張は真逆とは言えない。
しかし、1985年来続いてきた革新市政に楔が打ち込まれたという意義は大きい。
そして、伊波氏の敗北を何よりも歓迎する理由は、同氏の選挙運動が、明白な選挙違反行為に支えられてきたからである。

宜野湾市長選指令書1宜野湾市長選指令書2

これは、1月25日付の宜野湾市職員労働組合の執行委員長名で発行された、組合員の伊波氏に対する選挙応援を鼓舞す文書だ。「政治闘争」というお題目が付けられるところが、いかにも労組らしい。
記載内容は、おぞましいものだ。

政治闘争(宜野湾市長選挙)の取り組みについて

2.行動提起

イハ洋一さんの勝利を目指しして、後援会と連携し次の取り組みを強力に行います。

①イハ洋一さんの勝利を目指し、支持者獲得1人20人以上を取り組みます。
②イハ洋一さんの勝利を目指し、組合員1人あたり週2行動に取り組みます。
③県内各単組をはじめ、他の労働組合へイハ洋一さんの支持・支援の輪を広げる取り組みを展開します。
④労働政策推進会議に参画し市長選挙の勝利を目指します。

*支持者カードの提出は、1月31日(火)17時までに、組合事務所に提出をお願い致します。
*イハ洋一さんの政策マニフェスト等、チラシ配布行動を行っています。2月12日まで、組合員皆様の協力をお願い致します。


地方公務員法違反も、ここまであからさまにやられてしまうと、怒りを通り越して呆れてしまう。しかし、これが沖縄の実態であり、日本各地で行われる組合丸抱え選挙の例証なのである。

伊波洋一、宜野湾市長選で敗北

伊波氏に加担したのは、何も労組だけではない。
沖縄地元紙は、真部朗沖縄防衛局長が職員の有権者リストを作り、両候補者の主張を紹介する「講話」をしていた件を奇禍として問題化し、この市長選で伊波氏を強力に援護射撃した。
そして、伊波氏は街宣車でも選挙ビラでも「講話」を取り上げ、佐喜真氏に対するネガティブキャンペーンを張ったそうである。
ここまで来ると、真部朗沖縄防衛局長の講話問題すら、予め仕組まれていたようにも思えてくるから不思議だ。

佐喜真氏が勝利したからと言って、普天間問題が急速に進展するわけではないだろう。
橋下市長が勝利した先の大阪市長選同様、市職労によるあからさまな政治活動が敗北した事実は、非常に意味深い。
これが沖縄県民、宜野湾市民のバランス感覚と言えるのかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/02/13 11:21 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ