FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2012年02月02日

“百人斬り”を事実と教えるバカ教師と本多勝一

← 応援クリック、ありがとうございます。

富山県で行われている日教組の教育研究全国集会、天下の捏造“百人斬り”を事実と断定して中学生に教える教育実践が報告されたそうだ。
このバカ教師は、長崎県新上五島町立中学校の男性教諭。
平和学習として、“百人斬り”の新聞記事や写真を生徒たちに見せ、「日本は中国に攻め入って、たくさんの中国人を殺しました」「戦争になったら、相手国の人をたくさん殺せば殺すほど勲章がもらえてたたえられるんです」「だから殺されたのは兵士だけでなく、一般のお年寄りや女性、子供たちもです」と語りかけたそうだ。
この男性教師は、発信元の毎日新聞が「あれは嘘です」と認めた捏造を、手前勝手なイデオロギーに基づき、「事実だ」とすり替えて生徒たちに教えたということだ。
子どもたちに対する、反日イデオロギーの刷り込みである。

百人斬りとは、昭和12年、11月から12月にかけて毎日新聞紙上(当時は東京日日新聞)に「百人斬り競争」と報じられたのが最初である。
南京に向かう日本軍のなかで、どちらが早く百人の中国兵を斬るか、二人の将校が競争しているという報道である。
記事によって二人の将校は有名になり、百人斬り競争を称える歌まで作られた。
しかし、日本が戦争に負け、斬った相手は中国兵から中国人に変わり、南京虐殺の証拠とされ、二人の将校は中国に連行される。
二人の将校は、冗談話が報道されたもので、書いた記者に聞いてもらえればわかると説明したが、その毎日新聞の記者は、斬った場面を見ていないと答えたにもかかわらず、二人の言うままに書いたと答え、その記者の伝聞だというだけの証拠に基づき、二人の将校は処刑された。
この記者、浅海一男は、戦後中国寄りとなり、毎日新聞の労組委員長などを経て安保条約反対デモでは車の上から労組員を煽り、毎日新聞を退職してからは一家で中国に渡ったそうだ。
さもありなんである。
そして、この百人斬り架空ストーリーを増幅させた上で、日本中にばら撒いたのが、朝日新聞記者時代の本多勝一である。

日本国家、日本人の敵、本多勝一
日本国家、日本人の敵、本多勝一

本多は昭和46年、この百人斬りを朝日新聞紙上で取り上げ、それまで毎日も書かなかったストーリー ― 上官の命令で、百人斬り競争を三度繰り返した ― を書き加えた。
後に、当の毎日新聞が、昭和12年の記事は創作だったと、自社の刊行物で捏造を認めた。それでもなお、本多勝一はシラを切り続ける。平成18年の法廷では、「百人斬り」報道は信ずることができず、甚だ疑わしいものと考えるのが合理的」と言及し、百人斬りが歴史事実であることを事実上否定した。
しかし、本多と朝日新聞は、百人斬りを収めた「中国の旅」を今でも平然と売り続けている。
同法廷が、「全くの虚偽であると認めることはできない」としたことで、百人斬りストーリーが延命したとする人もいるが、少なくとも、「甚だ疑わしきものと考えるのが合理的」という言質は、歴史事実として固定化していないことを証明するものだ。

百人斬りは歴史的事実ではないため、教科書には載っていない。
その教科書に載っていない戯言を、わざわざ授業に持ち出し、事実として子どもたちに教えることは、断じて許されるべきことではない。
件の教師や、自虐史観を是とする日教組組合員教師たちは、子どもたちが事実でないことを教えられ、日本人として恥じ、誇りを失ったまま育っていくことに対して、重い責任を感ずるべきだが、実際はそれどころか、その自虐教育を積極的に推進している。
その精神的支柱は、本多勝一のような反日ジャーナリストなのだろう。
史実をテーマに子どもたちに考えさせるのは教育のひとつの手法だろうが、ベースになるものが反国家的な自虐捏造ストーリーであれば、それは確信的犯罪に近い。
保護者は怒るべきである。
ただ、怒る前に、保護者自身が日本の歴史を正しく学ぶことで、このような日教組のイデオロギー教育から子どもたちを守っていくことが、より重要であるように思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/02/02 11:42 ] 教育 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ