FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年10月18日
月別アーカイブ  [ 2011年10月 ] 

メディアと国民を遠ざける内閣

← 応援クリック、ありがとうございます。

メディアという言葉の本来的な意味は「媒介」であり、彼らメディアの責務とは、その場その場で起こった事象と国民を繋ぐことにある。
利用者である国民は、その媒介の対価としてメディアにカネを払うが、現在のメディアがその責務を果たしているとは言い難く、彼らの伝えるものにある種のバイアスがかかることも多いし、それに加えてメディア特有の「報道しない権利」なるものが存在する限り、国民の知る権利は満たされているとは到底言えるものではない。
しかし、彼らメディアも、そもそも情報の上流を堰き止められてしまえば記事にすることすらできず、国民の知る権利はより制限されることになる。
現在の野田首相のメディアに対する姿勢は、情報の遮断ともいうべきある種の統制に似たものがあり、政治の方向性すら闇の中に隠れて見えない状況が続く。
野田首相は17日、内閣記者会のインタビューに答えて、いわゆるぶら下がり取材を拒否する姿勢を表明した。

首相が「ぶら下がり」拒否を明言 グループインタビューでお茶濁す (産経)

 野田佳彦首相は17日、内閣記者会のインタビューで、歴代首相が続けてきた記者団による「ぶら下がり取材」について「基本的にお受けしない」と拒否することを明言した。首相自らによる説明責任や情報発信よりも、失言を避ける「安全運転」を優先した。民主党の掲げる予算編成過程などの透明化とはほど遠い後ろ向きの対応だ。
 首相は毎日、記者団の質問に答える「ぶら下がり」取材という形式を受けない理由について「落ち着いて、しっかりと(記者から)話を聞いてもらい、こちらも落ち着いて説明できるということが一番望ましい」と説明した。その上で「ぶら下がりの代わりに先般も記者会見をし、今日もインタビューを受けている。国民に対する説明を果たし、記者の皆さまに答えることは大事であり心していきたい」と強調した。(以下略)


野田内閣が発足したのは先月の9月2日。
それから約一ヵ月間、野田首相が会見に応じたのはたったの2回である。
その会見も、首相側から発言したいネタがあるときに限られ、情報の流れかたはほぼ一方通行の状況だ。

今の日本の政治は、リーダーに立った者が、ひたすら「言質を取られまい」とする姿勢が当たり前のように横行している。
確かに今の民主党においては、長い期間かけても一向に説明責任を満たそうとしない小沢問題にはじまり、多くの違法献金問題、閣僚の度重なる失言、増税、議論が分かれるTPP問題と、ナイーブな問題が多い。
クリーンな政党を標榜した民主党が、実は真っ黒だったという事実も露呈した。
しかし、野田氏はそれをすべて背負う覚悟で自ら首相に立候補したはずである。
質問すら受けない姿勢は逃げに他ならず、都合の悪いことに対して一切喋らず、内閣のネガティブなイメージをひたすら隠し通す首相の対応は、幻滅する支持者を増やすだけだろう。

言葉の数が多いからよいというわけでもないだろうが、この国難のとき、一国のリーダーとして国民に語りかける質も量も増やすべきだろう。
安全運転に固執し、政治課題が山積する今の時期にダイナミズムも発揮できないのであれば、野田氏はなんのために首相になったのか。
TPP問題などは、まさに国民的議論をすべき政治課題だ。
しかし、国民的議論をと言っておきながら、自らの姿勢を明言せず、国民がたなびく方向を見ながら舵を切っていくのであれば、それこそポピュリズムのそしりを免れない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/10/18 12:01 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ