FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年09月03日
月別アーカイブ  [ 2011年09月 ] 

野田佳彦は魂を売ったのか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨夜は埼玉スタジアム2002で日本対北朝鮮のW杯3次予選を観戦。
あまたの日の丸とともに、試合を堪能した。
焦らされ、焦らされ、とにかく焦らされた後のロスタイムのゴールだったため、スタジアムの熱気は最高潮。
ちなみに北朝鮮サポーターのなかに菅直人がいるかと目を凝らしてみたものの、遠すぎて確認できなかった(笑)。

9月2日 W杯3次予選日本対北朝鮮@埼玉スタジアム2002

野田新首相が誕生した時、とっさに思ったのは、「こりゃ、自民党にとっては鳩山、菅よりも手強いな。」ということである。
伝えられる野田氏の政治信条は保守に近く、自民党に巣食うリベラル議員よりも自民党寄りに見える。 加えて、宇宙感覚で全く政治のリアリズムを備えていなかったルーピーや、悪意や対抗心、虚栄心が丸見えだった菅と比較すると、穏やかであまり敵を作りたがらないようにも見える。
鳩山や菅には、自民党に対する敵意と自民党政治の否定が根本にあり、それらは彼らにとって、血でもあり肉でもあった。しかし、野田氏の野党に対する低姿勢。
局面が大幅にかわったことに、野党は、特に自民党は対応方法の変更をせざるを得なくなる。

その野田氏の「どじょう内閣」組閣には注目が集まったが、党人事を含め、蓋を開けたらこちらの口もアングリ開いてしまった。
内閣は派閥均衡人事によるもので、いまや民主党の内向きなスローガンとなった「挙党一致」以外には理解のしようがない。
国政など、党内の融和の二の次だとというメッセージとも取れる。
私は過去のエントリーで、民主党の人材不足という現状では組閣のしようがないと書いたが、いい意味でそれを証明してくれたようなもの。
言いかえれば、経験や能力がなくても「売国」という御旗のもとではいくらでも人材はいるということと、能力や経験などどうでもよいから、とりあえず党内のグループが丸く収まるような人事を施したということだ。

そもそも民主党という党そのものが野合集団なので、政策や理念の一致などという当たり前のことすらも期待できないわけで、多くを期待するほうが間違いと言われればそれまでなのだが、それでもこの陣容は酷い。
私はこの組閣の前にツイッターで、江田前法相の辞任を「法相交代は閣僚刷新の良い面」と書いたが、平岡秀夫の法相就任を受けて、その言葉は撤回する。
Wikipediaを参照して、平岡氏が所属する議連を一目見れば、その危険度が理解しやすい。
加えてこの議員、外国人参政権推進派の「永住外国人法的地位向上推進議連」の設立時のメンバーであり、民主党内でも極左と言われる人物。
就任早々、「死刑という大変厳しい刑罰を実施するには慎重な態度で臨むのは当然」と語り、死刑執行は当面行わない方針を発表した。 江田、千葉の両極左弁護士と五十歩百歩である。
安倍晋三元首相のメルマガでは、こう批判されている。

民主党左派で、光市母子殺人事件の弁護団のとんでもない主張を支持し、大きな批判を浴び、さらに安倍内閣が取り組んだ犯罪被害者の権利擁護の為の立法を邪魔をした平岡秀夫氏をなんと法務大臣にしました。


安住淳の財務相就任には苦笑を禁じ得ない。
財務畑でなんら実績も経験もなく、就任の一報を受け、「本当に私でいいんですか?」と聞き返したという。このくだり、元法相の柳田稔と酷似している。
「ガソリンは学校のプールに貯めてはどうか」と、サメ並みの頭脳でトンデモ発言をしたことも記憶に新しいが、悪知恵だけは人一倍で、自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる言論統制を敷こうと、防衛省事務次官通達を演出したのは安住だという。

小宮山洋子の厚労相もいただけない。
厚労副大臣時代に、労働や子育てなどの分野を担当していたというが、安倍晋三元首相のメルマガには「過激なジェンダーフリー論者であり、家族の価値を認めない小宮山洋子氏を厚生労働大臣。」との批判が記されている。

極めつけは山岡賢次の拉致問題担当大臣、国家公安委員長。
どちらかというと、公安から目をつけられる側の人物である。
ここまで来ると書く気も失せる。

野田佳彦は魂を売ったのか。
保守派野田の性格は、この組閣には一向に見えてこない。
何をやりたいのかもさっぱり分からない。
すでに、「在任中は靖國を参拝しない」と公言し、反民主でもかろうじて野田為政を見守ろうとしていた保守系有権者を、自ら切ってしまった。

野合の結果の組閣を見ると、国政は一歩も進まないのではないかと思わざるを得ない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/09/03 16:10 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ