FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年08月21日

8.21 フジテレビ抗議デモ - さぁフジテレビ、次はどう出る?

← 応援クリック、ありがとうございます。

今日はフジテレビの偏向報道抗議デモに参加するつもりが、朝起きたら喉の痛みと微熱。どうやら夏バテに加えて軽い夏風邪をひいてしまったようで、デモ参加は断念しました。
デモに参加した方々、本当にお疲れ様でした。

しかし壮観でしたね。
今回のデモも、当然ながら何ら命令系統を持たないデモです。
動員もありません。
田母神閣下率いる「頑張れ日本!全国行動委員会」や、「チャンネル桜」が参戦したものの、元はと言えばフジテレビの、韓流ネタを偏重した番組編成方法、更には韓国に異常なほどにおもねる偏向・小細工等に疑問を持ち、怒りを覚えた人たちが、草の根的に集ったものと言えます。
Twitter上では、参加人数が警察発表で30,000人以上とも呟かれていますが、こればっかりはUstreamやニコニコ生放送を見ている限りではわかりません。
しかし、途切れることのない行進を見ていると、さすがのフジテレビもこの数を無視できるわけはないでしょう。
単純にそれだけでも意義があるものです。
図らずもこの運動のトリガーとなった高岡蒼甫氏も、この状況は予想しなかったでしょう。

注目すべきは、これからフジテレビがどう出るかです。
J-CASTによれば、主催者側がデモに先立ってフジテレビに「偏向報道」に関する抗議文を提出しようとしたところ、フジ側は「抗議されるいわれはない」と文書の受け取りを拒否したそうです。
なんともKYな振る舞いですね。
これだけ多くの人達が集まることを予想する脳もなかったのでしょう。
その後、田母神氏をはじめとするデモ代表者が抗議書を渡すことができたのだそうだが、抗議書を受け取った以上、何らかの見解を示す責任が生じます。
今後出てくるフジテレビの見解が、この運動の激化・沈静化、いずれに導くかを左右するものになると思います。

この運動を、フジ側が視聴者の激励と受け取るならば、多くの国民は今後、フジを応援するようになると思います。
フジがその反対を貫けば、フジを支えるスポンサーが降りはじめ、じり貧になることも考えられます。
すべてはフジの今後の対応にかかっています。
フジに、8.21デモが「始まり」であることを理解する頭脳があるかどうかです。

デモの最後に、警備してくれた警察へのねぎらいと感謝の弁を述べるなど、どこぞの左翼デモとは全く異質なものでしたね(笑)。
デモに参加した皆様、改めてご苦労様でした。
まだちょっと体調が悪いので、短稿ながらこの辺で。


Video streaming by Ustream

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/08/21 18:50 ] メディア | TB(0) | CM(1)
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ