FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年07月25日
月別アーカイブ  [ 2011年07月 ] 

“なでしこ”にまですがりつく低支持率内閣

← 応援クリック、ありがとうございます。

官邸主導のもと、なでしこJAPANに国民栄誉賞を授与する検討がなされていると、今日発表された。
各メディアが「検討へ」というタイトルを付ける中、時事通信は「授与へ」と、踏み込んだタイトルを付けたことを見れば、決定の方向で進んでいるのだろう。
授与となれば、団体としては初めてのケースとなる。

サッカー後進国の日本にとって、なでしこのワールドカップ制覇は文字通りの偉業である。
授与検討の理由に、「社会に明るい希望を与える業績」とあるが、震災後の我が国にとってこの優勝は言葉通りの意味があり、なでしこの功績は諸手を挙げて喜びたいし、称賛したい。

しかし、ちょっと待てよ。
世界一という偉業なら、なでしこ以外にも有資格者は多い。
例えば、私の頭にまず浮かぶのは、一度ならず二度までも世界を制した、サムライジャパン(日本代表野球チーム)の存在である。
世界一を二度、それも連覇した偉業は、なでしこのそれと比較し、全く遜色ないはずである。
サムライジャパンとなでしこジャパンの違いは何かと言えば、それはタイミングだ。平時と大震災後という大きな環境の違いは、日本人の心に与えるインパクトの違いとなることは否定しない。
しかし、彼等が成し遂げた成果は、ともに世界制覇という国民にとっての誇りであり、そこに優劣はないと、個人的に考える。
従って、私はこの授与には否定的考えだ。
私なぞ、最近はテレビのバラエティでお莫迦キャラで人気者になった感があるが、13度の世界王座防衛を制したボクシングの具志堅用高氏を推したいクチである。

何故なでしこなのかというと、行きつく答えは限られる。
政府の人気取りの一環であることは、容易に想像できる。
世論は概ね、この授与に好意的な感情を持つだろう。
7月の時事通信の調査で、政権支持率が12.5%を記録し、地面すれすれの飛行が続く菅内閣。目新しい浮揚策もなく、ついにサッカーにまですがりついたということだ。
もし授与されるとしても、授与するのが「史上最悪の総理」である菅では、受賞者が大変気の毒である。

kan_edano.jpg
総理、こりゃ政権浮揚を狙えますぜ。
そうか、なら利用しちまおう・・・


枝野氏、国民栄誉賞の検討表明 「菅内閣の政治利用」は否定 (産経)

 枝野幸男官房長官は25日午前の記者会見で、サッカー女子ワールドカップ(W杯)で初優勝した日本代表「なでしこジャパン」に対し、国民栄誉賞授与を検討するよう関係部局に指示したことを明らかにした。民間有識者の意見を踏まえた上で、速やかに結論を出すとしている。実現した場合、国民栄誉賞が団体に授与されるのは初めてとなる。
 枝野氏は検討を指示した理由について「国民栄誉賞は、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えるような顕著な業績があったことが基準だ。今回の偉業はまさにぴったり合致すると判断した」と述べた。
 支持率が低迷する菅内閣の政治利用ではないかとの指摘には「そのことで政権が浮揚するんだったらこんな楽なことはない」と否定した。
 国民栄誉賞は昭和52年、福田赳夫内閣で設置。これまでに、プロ野球でホームラン世界新記録を持つ王貞治氏や俳優の森繁久彌氏ら18人が受賞している。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/07/25 15:22 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ