FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年07月10日
月別アーカイブ  [ 2011年07月 ] 

菅直人が告発され、東京地検の捜査対象に

← 応援クリック、ありがとうございます。

7月7日の参議院予算委員会、自民党の礒崎陽輔氏が質問に立った。
磯崎議員の質問に関するメディア報道は、原発ストレステストに関する菅と海江田の見解不一致と、海江田の半泣き辞任示唆に焦点を絞っている向きがあるが、この質疑にはもうひとつ、重量な論点があった。
菅の献金の「入りと出」の問題だ。

まず最初に磯崎議員は、菅が横浜市内でパチンコ店を経営する在日韓国人K氏から109万円の献金を受け取っていたという「違法献金問題」について、市民団体が告発を行い、東京地検が本格捜査に動きだしたことを明かした。
時の首相が地検によって捜査対象になるというだけでも、尋常ではない。
相手方のK氏はこの献金に関し、既に東京地検から事情聴取を受けている。
そして問題はまだある。
菅に虚偽答弁の疑いがあることだ。
菅はこれまで一貫して、、3月11日の新聞報道で、初めてK氏が在日韓国人だということを知ったとし、3月14日に献金を返金したと答弁してきた。
そこに磯崎議員が斬りこむ。
信頼できる”筋”(=捜査情報)からの情報とし、

「現金を返したのはその日じゃないでしょう。あなたが初めて知ったという3月11日の前日、3月10日に神奈川県の保土ケ谷パーキングエリアで、あなたのスタッフがこっそり返したと、そういう事実を我々は聞いている。」

これがもし事実だとすれば、菅の韓国人献金事件からの逃走シナリオは完全に崩れる。
菅が今まで“つくってきた”シナリオは、3月11日の報道でK氏が外国人であるという事実を初めて知り、K氏の国籍を調べて外国人であると確認した上で、3月14日に返金したというものだ。
ここで重要なのは、「K氏が外国人だという事実を知らなかった」という、不測の献金を装う菅サイドの脚色である。
これに対し、磯崎議員の指摘する点を当てはめれば、取材を受けた時点で事の重大さに気付いた菅が、慌てて10日に金を返し、14日に返金したと事実を曲げたことになる。
特捜が動けば、事実の大半は明らかになるだろう。
磯崎議員は、菅がK氏に返金した際の領収書を国会へ提出することを求めた。
菅は、政治資金収支報告書で提出すると、事実上の拒否をした。
やましいところがなければ、堂々と提出したら如何か?
できないのであれば、「私を疑ってください」と言っているようなものだ。

磯崎議員はもうひとつ、菅の「政治とカネ」問題に斬り込んだ。
拙ブログでも何回か取り上げている、菅が日本人拉致事件容疑者周辺の政治団体「政権交代をめざす市民の会」に、6250万円もの大金を献金をしていた問題である。
質問の趣旨は非常に簡単で、「金を出すのなら、御利益(=見返り)があるはず。どういう見返りを期待して、6250万円もの金を流したのか?」というものだ。
これに関して、菅はまともに答えていない。
「連携支援」という曖昧なことばで国会を煙に巻き、「ことの本質が露呈しないように」逃げた。
菅は、「市民の党に関するいろいろなご指摘は、報道等で承知しているが、その記事で掲載されている事実関係を含めて、私自身は何も承知をしていない」と、市民の党が極左ぶりは認識はしていない、とまた逃げた。

新報道2001の世論調査で、菅内閣の支持率が16.4%という結果が出た。
鳩山内閣の退陣時、同調査の内閣支持率は19%。
この支持率低下は、原発のストレステストに関する閣内のゴタゴタが起因したものだろう。
何故なら、違法献金や極左団体への献金の報道に、マスメディアが極端に消極的な姿勢を見せており、国民がこのカネ全般の重大さを十分に知らない状況にあるからだ。
マスメディアが改心すれば、日本はもっと良くなるという、皮肉な結果を示していることに他ならないように思う。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/07/10 12:12 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ