FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年07月02日

極左菅直人の正体 ~ 拉致容疑者親族の周辺団体に6250万円献金

← 応援クリック、ありがとうございます。

ものごとを理解するには、先入観が障害になる場合がある。
今朝起きぬけに、ほとんど寝ぼけた状態で産経新聞を読んでいて、一面トップの「北の拉致 容疑者遺族の周辺団体 菅首相側が6250万円献金」という記事が目に入った。
「あ~ぁ、菅はまたどこぞの過激派団体から献金貰ってたのがバレちゃったんだな・・・」と思いつつ欠伸をしたが、記事を読み、見出し通りに「菅側が献金していた」という事実が頭に浸透してきて、目が覚めた。
その後、記事を何度も読み返した。

記事は、菅の資金管理団体である「草志会」が、平成19年から3年間にわたり、日本人拉致事件容疑者の親族が所属する政治団体「市民の党」から派生した「政権交代をめざす市民の会」という政治団体に、計6,250万円の政治献金を行っていたという事実をすっぱ抜いたものである。
菅が、現政権の江田五月、前法相の千葉景子らと並び、日本人拉致事件実行犯の辛光洙(シンガンス)の助命嘆願要望書に署名したことは、今更語るまでもない。 北朝鮮の日本人拉致を糾弾すべき被害国日本において、この署名行為は、国の主権自体を全く考慮せず、国民や領土を護ることをも拒否し、同胞を連れ去った北の行為を無罪放免することに等しい。
民主党政権樹立以来、こういう議員が政権の中枢に存在し、うち一人が内閣総理大臣という、国政の最高権力者にまでのし上がることなど、ありうべからぬことなのである。

「政権交代をめざす市民の会」の親分格である「市民の党」に関しては、左翼のことを書かせたら右に出る者がいない「依存症の独り事」さんが、今春、三鷹市議選に立候補している森大志(「全日空機よど号ハイジャック事件」のリーダーの息子)に触れ、書いておられる。

「市民の党」と森大志を糾弾せよ!
(依存症の独り事)

森を擁立した「市民の党」のルーツは「MPD・平和と民主運動」にあります。
MPDは、元ブント(共産同)系の活動家たちが結成した日本学生戦線から発展した組織です。
その流れは、「MPD・平和と民主運動」→護憲リベラル→平和・市民→「市民の党」となります。
つまり、「市民の党」はブントの血を引く過激派の末裔ということです。
私は、ハイジャック犯の長男が「市議選の候補」ということ以上に、その所属する「市民の党」の存在そのものが問題だ、という気がします。
まさに「市民」の仮面をかぶった「過激派」


つまり、「市民の会」はブントの思想を引き継いできた組織なのだ。
平成14年には、横浜市議2人が市議会本会議で議場内の国旗掲揚に反対し、議長席と事務局長席を占拠して6時間近く議事を妨害した問題が起きたというのだから、団体の性質は言うまでもなく極左である。

こういう団体と30年にも渡って付き合いを継続してきた菅直人。
民意に受けの悪い政策決定では姿を隠し、民意受けの良い事柄については努めて身をさらけ出す。 自らも、公安に目を付けられた「第4列の男」として反体制運動を行ってきた菅だが、第4列とは、当局に検挙されにくい位置取りであったことを、初代内閣安全保障室長であった佐々淳行氏によって明らかにされた。 保身には学生運動の頃から長けていたということだ。
しかし、クリーンな政治をスローガンに掲げた民主党にあって、その「隠しておかなければならなかった金」によって火傷を負うことになる。
30年の歴史は、簡単に覆い隠せるものではないのだ。

菅直人事務所は献金について、「当時の党の役職者(代表代行)としての責任において、職務遂行の一環としてのものであり、法に則り適正に処理している」とコメントしているが、菅の立場は、法を犯さなければ何をやってもいいと言い張れる立場ではない。
法以前の、政治倫理観の問題でもある。

菅は、外国人からの献金を受けていた事実から、震災によって巧みに逃げた。
彼は本当なら、既に国政から去っていなければならない政治家なのである。
今度は逃げ通せるか?
国会の展開を注視したい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/07/02 17:02 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ