FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年06月28日
月別アーカイブ  [ 2011年06月 ] 

引き抜く阿呆に乗る阿呆

← 応援クリック、ありがとうございます。

何が楽しくて泥船に乗るのか。
たった1年前に自民党の肩書で、「菅内閣打倒」をスローガンに参院選を闘い、票を集めた1年生議員。
政務官というポストに涎を垂らしてたなびき、自民党を離党。
沈みゆく菅内閣で仕事をするのだそうだ。

自民党はどちらかというと、衆議院より参議院のほうが「骨のある議員」がいるなと思っていたら、その参議院からの造反劇だ。
浜田和幸この浜田和幸という人物。
前述の通り1年生議員である。
学者肌らしい。
私は氏の国会質問を1度しか聴いたことがないが、特に印象が残っていない。
しかし一般的に、1年生を政務官に起用して、どれだけの仕事ができるのだろう。
しかも議員としては小粒である。
菅が、自民党からの芋づる離反を期待して、浜田某を一本釣りしたのではないか。 そういう疑念が生じて当然である。
案の定、今朝の産経は、民主党の石井一と国民新党亀井が、複数の自民党参議院議員に政権参画の秋波を送ってきたと暴露した。
政界に身を置いた経験はもちろんないが、一緒にやろうと誘うのが石井一だったら、私ならドン引きだ。

浜田某は昨日の昼、自民党参院の小坂幹事長代理、脇国対委員長、山本政審会長、世耕幹事長代理の前で、「自民党を離党する気は毛頭ない。」と明言したそうである。 しかしその後、直接の説明もせぬまま、秘書に自筆サインもない離党届を届けさせたのだという。 こうなったら、議員の前に、人としてダメだろう。
人としてダメであると同時に、政治家としての先見の目がなさ過ぎる。
氏が仕えようとしている対象は、去りゆく首相である。
泥船とは麻生内閣の末期によくメディアに出てきた言葉だが、今の菅内閣はその時とは違い、国民は勿論のこと、国会議員のほとんどまでもが退任を望む宰相が舵を取る泥船だ。
内閣改造をやりたくても、民主党内部にすら泥船に乗ろうとする協力者がおらず、目玉だった復興大臣に松本龍という小物を横滑りさせざるを得なかったのはその証左である。
菅が保身と延命に奔走すればするほど、党内の求心力が低下し、広がる民主党執行部との距離と溝は修復不可能なまでに遠く、深くなる。
菅が原発解散という禁じ手を使うかどうかは知らないが、彼はもう実質的に「詰んで」いる。
その菅に、自民党を支持した有権者を裏切ってまでついていく浜田和幸という議員。
完全に終わってる。

気の毒なのは、同じ鳥取選出の石破茂政調会長だ。
昨日の石破氏のブログを読む限り、この件に関する忸怩たる思いが滲み出ている。

 昨年夏、出遅れ、知名度の低い同氏を当選させるため、どれほどの鳥取県の自民党員が、あの酷暑の中、必死で活動したか。それに少しでも感謝の気持ちがあればあのような行動にはならないはずです。
 自民党は復興に協力していない、というのなら、党の復興関係会議でどれほど発言したのか。連立を巡って開催された両院議員会議に出席して意見を一回でも述べたのか。残念の極みであり、このような人物を推したことに、鳥取県の有権者に対して、全国の自民党支持者に対して申し訳ない思いで一杯です。


まさに無念さが滲みでているような文面。
民主党内部から、怨念を超えた政治を求める声も上がっているようだが、怨念を生じさせているのは菅直人であり、民主党執行部の側である。同執行部もこの引き抜きを「聞いていなかった」と釈明しているが、菅を止められないなら同罪と言うべきだろう。

このドタバタの主人公である菅首相。
昨日夜のなんとも歯切れの悪い会見で、退陣の条件を明確化したものの、退任時期については未だ明言していない。
それどころか、今回の浜田引き抜きによって自ら火種をつくり、与野党間の今後の協力関係を「大好きなゼロベース」にまで貶めた。
節操がないとはこのことだが、逆にいえば、辞めたくないから与野党間に亀裂を生じさせたとも言えるのかもしれない。野党の協力が得られず、法案審議が進まなければ、それだけ延命できるということだ。
本当にバカなことをするとそんなバカなことをと思うかもしれないが、バカなことをやり続けてきたのが菅直人である。
地位に恋々とするポリシーは、遡ることさきがけ時代に、野党でありながら厚相の役職に居座った件以来、菅の一貫した政治姿勢である。
この何でもアリ首相の延命工作は、本当に原発解散にまで及ぶのかもしれない。
民主党を下野させるためには、菅が首相であり続けることが好材料になるとも言えるのだが・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/06/28 12:23 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ