FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年06月05日
月別アーカイブ  [ 2011年06月 ] 

政治と愚衆

← 応援クリック、ありがとうございます。

少々朝寝坊し、新報道2001の録画を観る前に確認しておこうと、同番組の世論調査を知り、一瞬にして目が覚めた。

同調査では、菅内閣の支持率が前週から13.8ポイントも上昇し、37.4%にもなった。
支持しないは58.4%と引き続き高いものの、前週から14.6ポイントも減っている。
ちなみに、菅と鳩山が合意した(とされる)確認文書の件も調査に含まれるため、退陣時期でもめている状況下で調査されたのだろう。
それにしても何たる数字か。

菅直人は、欺瞞工作を以って、民主党、国会、そして国民を愚弄したのである。
文字通り、コケにされたと言って差し支えない。
普通、コケにされた側は怒るのが当然であり、ましてや国家のリーダーが自らの延命のために策略をしかけ、国民の代表者さえも詐欺にかけたのであれば、国民は自分らが選出した議員を介して騙されたのだ。
こんな首相、どう考えたら支持できるのか。
私にはこの数字が理解不能だ。

森田実氏による、この欺瞞工作に関する解説がある。
6月2日の内閣内閣不信任案が可決される見込みと判明し、官邸は慌てた。
そして、3大紙のうちの2社と、そのテレビ部門を利用し、「菅首相、退陣の見込み」とう情報をリークした。
この「3大紙のうちの2社と、そのテレビ部門」とは、どう考えても朝日新聞/テレビ朝日、それに毎日新聞/TBSだろう。
このリークは、国民よりもまず、不信任案に同調する意向だった民主党内の議員に向けられたもので、反菅の動きを見せていた民主党議員たちへの牽制である。
そして当日の代議士会で、若い人たちに責任を引き継ぐと明言し、「退陣もどき」をほのめかし、不信任案の否決を勝ち取った。
しかし菅はハナから辞める意思はなく、今日のゴタゴタに至る。
(詳細は、ぼやきくっくりさんの文字起こしにて)

菅の策略は功を奏したかに見えたが、不信任案の可決とともに、首相自身のレームダック化という、国家として最も避けなければならない事態を招く。
菅が辞任するというメッセージは国内から海外まで、広く伝播した。
常識から考えても、辞める首相を誰も相手にしない。
政治空白を作ってはいけないと言いながら、菅はその瞬間、自ら政治空白を作ったことになる。
その政治空白を空白でなくするためには、菅が辞めるしか方法がない。
結局、菅は策に溺れたのである。

さて、自身の延命のために、ここまでコケにされた国民はどう反応するのか。
その反応が、37.4%という支持率の急上昇なのであれば、私は日本国民をあえて「愚衆」と呼ばざるを得ない、非常に憤懣やるかたない心境になる。

信じ難い数字は他にも出ている。
「次の首相」に、性懲りもなく菅を推す人が6.4%も存在するが、この数字は石破茂5.4%、谷垣禎一2.4%など、自民党執行部の面々よりも高い。
この期に及んでも、まだ菅の本質を見抜けないどころか、詐欺師肯定論者がこれだけいる。
枝野が11.6%と、最も高い数値を得ているが、震災以降、政府に批判が及ばないよう、ひたすら言質を取らせまいという姿勢のみに終始し、人災の片棒を担いできた男に、どう考えたら国を任せられるのか。

よくメディアを批判する論説に出会う。
私とて、この国のマスメディアが放つ腐敗臭には吐き気以外の何物も感じないが、メディアのみに責任を転嫁し、「結果的に騙された」と言う受け身の姿勢だけでは、国民の側にも学習が足りない。
自らが正しい情報を取りに行く努力をせず、メディアの手玉に取られる状態が続けば、政党より選挙互助会と呼ぶべき民主党のポピュリズムに、次の選挙でまた騙されることになるだろう。
日本国民が「愚衆」から脱皮しなければ、政治と政治家の質が上がることはない。

メディア症候群
西村幸祐著 - メディア症候群
メディアリテラシーを身につけたいのであれば、読むべし。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/06/05 10:25 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ