FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年04月14日
月別アーカイブ  [ 2011年04月 ] 

被災者を苦しめる風評は、官邸から発信される

← 応援クリック、ありがとうございます。

菅政権の最大の罪は、保身のために真実を隠していることである。
このブログを書いている場所は関東で、当然ながら青山繁晴氏のアンカーも観れないし、たかじんのそこまで言って委員会も観ることができない。
今日は運よく、勇士がYoutubeにアップしてくれたアンカーを視聴できた。
内容は、詳しく書き起こしていらっしゃる他サイトがあるので参照いただきたいが、菅直人や枝野幸男が農水省に圧力をかけ、放射能汚染が広がっている本当の地域を隠蔽しているというのだ。
放射能汚染の危険がある地域は、官邸が原発事故以来、退避区域の指定に使っている20km~30kmの同心円ではなく、SPEEDIで示されるまだら汚染区域なのである。
しかし官邸は、本当のことを発表すると、自分たちの間違いを認めることになってしまうため、自らの保身のためにこの情報を3月23日に一度きり見せただけで、その後は隠蔽している。

つまりこの政府は、国民の命を守るという、政府が最優先すべき責務を放棄しているのである。
こんな政府は一分一秒でも早く、その座から引きずり降ろさなければならない。

今回の震災に対して、被災者の方々が、努めて前向きに生きようとされている姿を、毎日のように報道で見聞きする。
本当に頭が下がる思いだ。
しかし昨日、被災者の方々のひたむきな努力が、この政府が発信する新たな風評被害によって汚されてしまった。

時事通信が伝えた報道が、現段階で唯一、Wall Street Journalに残っている。

20年住めないという失言

原発周辺「20年住めない」と菅首相=内陸に移住、10万人規模の宅地造成

(時事通信~The Wall Street Journal)

 菅直人首相は13日、松本健一内閣官房参与と首相官邸で会い、放射能漏れ事故を起こした福島第1原発周辺の避難区域について「そこに当面住めないだろう。10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」との認識を示した。松本氏が会談後、記者団に明らかにした。

 松本氏は、避難区域などに住んでいた住民の移住先について、福島県の内陸部に5万~10万人規模の環境に配慮したエコタウンをつくることを提案。首相は賛意を示し、「中心部はドイツの田園都市などをモデルにしながら再建を考えていかなければならない」と語った。 

[時事通信社]


しかしこのオリジナルの記事は、恐らく官邸の圧力によって消され、松本参与が「その発言は私の推測だ」と言ったとするフォロー記事によってぼやかされてしまった。
官邸主導の幕引きとしか思えない。

この菅という男は、以前、「東日本がつぶれるかも知れない」と発言したとされている。この言葉だけでも、首相と言う立場で絶対に言ってはいけないし、この言葉が風評被害の第一幕を甚大にしてしまった背景となっている。
そしてこの「10年住めないのか、20年住めないのか」という言及は、福島の方々をどん底に突き落とす性質を持つ失言であり、ある種の暴力性すら持つ。
この人は、人の心を感じながら政治を行っていない。

当該記事の続報:産経

 波紋は全村避難の対象となっている福島県飯舘村にも広がった。住民への説明会の途中で情報に接した菅野典雄村長は「少しでも早く戻れるようにするのが政治家の仕事なのに、これが政治家の言葉なのか。全く悲しくてならない。直ちに抗議する」と涙ながらに訴えた。住民からは「そうだ」との声が上がった。
 このため首相は、松本氏に電話をかけて記者団に情報を否定させた。ただ、松本氏は、長期間にわたって原発周辺が居住困難になる見通しを首相に説明したことは認めた。その上で移住先として内陸部に5~10万人規模のエコタウンを建設する案を示し、首相も賛同したことを明らかにした。


このような発言が漏れることは、菅・松本両名に責任がある。
人が住めるか住めないかは、菅がいま決めることではない。
多角的な調査が必要であって、自治体や被災への説明、調整を経て、最終的に政治判断すべき課題であるはずだ。
風評というのは、実は官邸から発信されているのである。

ありとあらゆる失言、隠蔽と保身は看過できるわけもないが、そのような愚行に耐えるプロセスは、とっくの昔に終わっている。
菅内閣の総辞職を強く求める。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/04/14 11:38 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ