FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年02月25日
月別アーカイブ  [ 2011年02月 ] 

神戸市教委の暴挙、「我が国」を不適切用語に

← 応援クリック、ありがとうございます。

民団のサイトをうろついていたら、とんでもない記事を発見した。
神戸市教育委員会が、「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」という、教師向けのマニュアルで、何と「我が国」という言葉を事実上禁止用語にしたという記事である。

神戸市教委「指導手引き」改訂 編集委員に同胞教員ら (民団新聞)

 【兵庫】神戸市教育委員会は、外国人児童生徒の人権に配慮した教育を推し進めるための指針ともいうべき「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」を大幅に改訂した。今回の改訂は98年3月の旧版作成以来10数年ぶりのこと。市教委では近年、増え続ける「新渡日外国人」の増加や社会経済状況の変化に対応したと話している。
 今回の10年度版では、公立中学校教員の韓裕治さんをはじめとする在日外国人教育実践者・当事者などを編集委員に加えたのが目新しい。また、「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」など各団体から「排外を助長する」と批判されていた「我が国」「京城」などの「不適切用語」も是正した。
 教材例を見ると、多文化共生の視点から小学校低学年「生活」に韓国、ベトナム、インドネシアなど6カ国のジャンケン遊びを図解入りで紹介している。中学生向け「社会・総合」では、「私たちのまち『神戸』と在日外国人」のなかで川西市役所副主幹の孫敏男さんを取り上げ、一部自治体では外国籍者が管理職に就く道が開けていることを紹介している。
 各市立学校では新しい「指導の手引き」に則った具体的な取り組みが始まっている。


神戸は美しいまちで、観光では数回訪れたことがあるが、こんな腐った教育委員会の存在は想像だにしなかった。
教師に向けた指導要綱の編集に在日外国人教育実践者・当事者(※)を加えることも信じがたいが、それによって要項が在日外国人にとって好ましいものに編集されてしまったようだ。
記事中の表現は「改訂した」と完了形で書いてあるので、既に決定事項なのだろう。
(※帰化人か在日かは不明だが、恐らく在日ではないだろうか。)

神戸市教育委員会のサイトを確認したが、現時点では民団の記事にあるような公的発表は掲載されていない。
神戸市教育委員は、人格高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有するものと定義されているが、このような偏向した要項を了解するとなれば、その高潔さや見識は、高いどころかマイナスの域に入っていると言えるだろう。

神戸市のサイトで確認すると、市内に住む外国人の数のうち、韓国・朝鮮人が約46%。中国人をあわせると、全体の8割に達する。その他の国はマイノリティでだから、支那・朝鮮系の外国人が、マイノリティの「新渡日外国人」をダシにして、自分らの主張を押し通したという構図が透けて見える。

自国のことを「我が国」と呼べない国など、聞いたことがない。
在日外国人を排除するつもりは毛頭ないが、ここは日本である。
日本の子どもを教育する前提に、在日外国人の都合が入って良いわけはない。それを認めれば、主権とはなにかという議論にまで発展するイシューである。

こういう日本人としての魂を売る行政・教育機関を、国民・市民は監視していく必要があるだろう。
神戸にお住まいのの皆さんは、このような理念なき教育機関に、お子様を預けることを是とされるのだろうか。
自分が払った税金がこのような売国行為に使用されるなら、税金を払う義務にさえ疑問を呈したくなる。

参考URL:
民団記事:http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=4097&corner=2
神戸市教育委員会:http://www.city.kobe.lg.jp/child/education/index.html

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/02/25 07:21 ] 教育 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ