FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年01月20日
月別アーカイブ  [ 2011年01月 ] 

産経 阿比留記者、チャンネル桜で吠える

← 応援クリック、ありがとうございます。

菅首相は、昨日、「今の日本の状態、昨年破綻したJALに匹敵する危機」と発言した。
国民の不安を煽ることで、増税シフトを正当化し、かつ国民の批判を抑制しようとする、非常に卑怯な手法だと感じる。

この菅直人氏のことを、卑怯と公言してはばからない新聞記者がいる。
昨日拙ブログに書いた、産経新聞の阿比留瑠比氏だ。
その阿比留氏がチャンネル桜に出演し、菅改造内閣について、舌鋒鋭く批判している。

かいつまんでご紹介すれば(完全な書き起こしではないので、悪しからず)・・・

政治とカネと菅直人首相

菅さんは小沢をとことん責めるという方向に舵を切った。
しかし、これはちゃんちゃらおかしいのであって、そもそも民主党代表として自由党と合併して小沢さんを引き入れたのは菅さんだ。
菅さんは今になって盛んに「とことんクリーンな政治」と、「クリーン!クリーン!クリーン!」と鳴き喚いているわけだが、じゃあ菅さんは何をやったかと。
自由党と合併する時に、自由党側に民主党から3億円のお金を渡している。これは結納金。カネで自由党を買ったと。
でそのお金はどうなったかというと、自由党にわたって、自由党は解党されるから、即座に小沢さんの関連政治団体に即日移動して、で、いまそれが小沢さんの政治資金、もしかしたら不動産資金になっているかもしれない。
菅さんに人のことを言えた義理かというところがあるし、今年こそ小沢さんに対抗して、元旦から首相公邸に人を呼んで、なんか集まりをしたが、小沢さんが自由党から民主党に移って以来、毎年毎年元旦には小沢邸に詣でて、乾杯の挨拶をしていたのは菅さんじゃないか。
小沢さんの政治とカネの問題は、自民党時代からずーっといわれ、或いは新生党のときも言われ、それを今になって知らん顔をして初めて知ったかのような顔をするというのは、菅さんの卑怯さをもろに表している。



尖閣事件に見る最悪の政治手法

(尖閣衝突事件の責任については)、これは未来永劫、菅さんと仙谷さんを卑怯者だと言い続けるべきだ。
憲法にも定められた、内閣の専権事項である外交を、いち地方検察庁のいち検察官が自分で決めたなんてことはあるわけはない。誰が考えたってあるわけがない。
それをなおかつ、総理と前原外務大臣が外遊中に、しかも拘留期限が来ていないのに、無理やり発表させて、通常の刑事手続きであると強弁する。
この卑怯さたるや、信じられない思いがする。
なおかつそこで終わらない。
もともと海上保安庁が即日でも公表する予定で準備をしていたビデオを差し止めて、「これは刑事訴訟法の問題だと。刑事裁判の証拠だから、表に出すわけにはいかない」と言い張るのだが、船長は釈放されているわけだから、刑事裁判など未来永劫開かれることはない。
この国民を馬鹿にして、愚弄して、「お前らみんなバカだからわからんだろう。俺たちがよきに計らってやる」という、最悪の政治手法だ。
今までこれほど醜い政治手法を見たことがない。
我々は心の中に「菅、仙谷、この卑怯者が!」ってことは一生忘れちゃいけない。それくらい怒るべきだ。



ほかにも、

この政権は本当に自由と民主主義の敵である。
結局サヨクの人たちは、自分たちが野にいるときは自由だ、人権だ、民主主義だというが、自分たちが権力の座に着くととたんにそれを弾圧するようになる。


等々、聴きどころが数多くある。

阿比留氏は普段、新聞紙面では書けないようなネタもブログで発信されているが、現場に身を置くことで覚える政治と政治家への怒りを、この番組で吐露している。

阿比留さん、チャンネル桜にひとつ番組を持ったら如何ですか??




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/01/20 07:27 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ