FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年01月12日

政治家よ、少しはタイガーマスクを見習ったらどうか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

全国でタイガーマスク現象が吹き荒れている。
私なぞ、巨人の星とタイガーマスクのリアル世代だから、多少は思い入れのあるアニメではあるのだが、ことこの時代にタイガーマスクが一世を風靡するとは、想像だにしなかった。

全国の養護施設を中心に、伊達直人等の名を名乗る人から贈り物が届いている。
ひとたび報道で取り上げられると、それは瞬く間に全国へ伝播した。

「タイガーマスク現象」と呼ばれるこのムーブメントは、功名抜きの善意の集合だろう。
人はもともと、人の役に立ちたい、社会に役立ちたいという志を持っているといわれる。
少しでも社会のために何かしたいという人がボランティア活動に従事すれば、自分の考えた商品やサービスで社会のために役立ちたいと思う人は会社を立ち上げる。
そして、国や地域のために役立ちたいという志を持った人が飛び込むのが、政治の世界である。

製品やサービスで役立ちたいと思えば、知ってもらうための活動をしなければならないし、国や地域のために役立ちたいと思えば、名前を知ってもらって、議会に送ってもらうために選挙活動をする。

しかしひとたびその世界に飛び込んだ後、政治家や財界人はその志を忘れてはいまいか?

権力を持ち、その権力を使って日本をどう導くかということより、その権力を維持せんがために政治家が知恵を絞った結果として出てきたものが、かつての「自社さ政権」であり、「石にかじりついても政権を守る」という菅直人という人ではないか。
同じ政党内で政争を繰り広げる議員たちなど、愚の骨頂である。
国家という概念を捨てて、儲けだけを追求する財界人にも、共通する兆候が見える。

政治家たる者、志だけではダメだろう。
しかし、志を忘れた政治家ほど、醜いものはない。
日本の政治家先生たちには、少しはタイガーマスク、伊達直人を見習ってほしいものである。
同じ「直人」さんには特に、と付け加えないわけにはいくまい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/01/12 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ