FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年01月11日
月別アーカイブ  [ 2011年01月 ] 

内閣支持率上昇???

← 応援クリック、ありがとうございます。

今日7時ののNHKニュースを見ていたら、内閣支持率が先月から4ポイントも上昇し、29%になったという報道があった。4か月ぶりの上昇という。



http://www.nhk.or.jp/news/html/20110111/k10013327961000.html

慌ててフジテレビの新報道2001の世論調査をチェックしたら、こちらは約一か月前から約2.8ポイント上げて、27.2%になっている。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/chousa.html

俄かに信じ難い現象ではあるけれども、この政権で支持率上昇には何が影響しているのか。

ことは極端に単純で、いわゆる小沢切りだ。
12月からの一ヶ月間のトピックと言えば、それくらいしかない。
言い換えれば、菅政権が政権浮揚の最大の切り札として使った小沢切りへの姿勢が支持を呼び戻したが、その効果は、政権に好意的なNHKですら4%程度に限定されたということだろう。
小沢切りはまだ道半ばであり、通常国会までにまたひと騒動あって、この数字が微妙に変化する可能性はある。政権浮揚の次の一手は、小沢切りに続く「仙谷切り」だ。
石にかじりついても首相の座に居座りたい権力欲の強い人物だから、恐らく手段を選ばない。
しかし、それをもってしても、効果は限定的だろう。
何故なら、そのNHKの調査ですら、首相不支持の理由「実行力がないから」「政策に期待が持てないから」の2点を合わせると8割に達し、根強い不人気を証明しているからだ。

いずれにしても、NHKであろうとフジであろうと、支持率が3割を切った危険水域内で彷徨っていることは事実であり、小沢・仙谷両氏を切るという切り札を使いきってしまった段階で、この政権は袋小路に入る。
NHKの調査ですら、今年中の解散総選挙を望む声は7割近くあり、このまま政権が迷走を続ければ、民主党の下野も視界に入ってくる可能性がある。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/01/11 21:39 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ