FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年01月06日

菅氏 報ステ生出演 + 今度は「国益のための国会」なんだとさ。

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨年、国益というものを最も具体的に行動を示したのは誰か?
そして、最も国益を損ねたのは誰か?
答えは記事の後に。

首相「国益の国会に」=与野党5党首が舌戦―時事互礼会 (時事通信)

 菅直人首相や谷垣禎一自民党総裁ら与野党5党の党首は5日午後、都内のホテルで開かれた時事通信社などが主催する新年互礼会でそれぞれあいさつした。今月下旬召集予定の通常国会を前に、首相が国益考慮の観点から「熟議」の必要性を訴えると、谷垣氏らは対決色をアピールするなど、舌戦を展開した。
 最初にあいさつに立った首相は「国益のための国会でないといけない」と強調。24時間前までの質問通告や閣僚の海外出張への配慮を改めて求め、「野党時代の反省を込めて言っている。本当の意味の熟議の国会になるようお願いしたい」と協力を要請した。
 この後、野党党首が順次登壇。谷垣氏は「大きなところでは首相とも手を携えて事に当たらなければならない」と一定の理解を示したのもつかの間。民主党政権の外交姿勢や主要政策をやり玉に挙げ、「全部リセットしないと新しい出発点はない。まず激しく切り結ぶことによって何か結論が見えてくる」と、政策転換を求めつつ徹底対決を宣言した。
 公明党の山口那津男代表は、首相が唱える社会保障の超党派協議に関し「われわれは与野党の垣根を越えて議論しようと提案してきた。大きな前進を期待したい」と語った。連立離脱して7カ月が過ぎた社民党の福島瑞穂党首は「社民党が組めるような民主党政権になってほしい」と求め、みんなの党の渡辺喜美代表は、参院で問責決議を可決された仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の処遇に触れ「居座り続けるのはとんでもない」と、首相をけん制した。 


私なりの答えは、最も国益を体現したのは、sengoku38こと海上保安官の一色氏だ。
そして、最も国益を損ねたのは、菅直人、仙谷由人及び、集合体であれば民主党だ。 だから菅氏や仙谷氏らに「国益」という言葉を使われると、猛烈な違和感を覚える。
尖閣ビデオの秘匿と公開とう相反する行為で、一方は国益を損じ、もう一方は国益を保証した。
この一点においても、国益を語る資格を有さないことは明白だろう。
その他、民主党政権になってから国益を損じた具体例を挙げればきりがない。
だいたい、反日デモが国益にかなういう、とんでもない認識を持つ国家公安委員長を輩出した政党の代表者らに、国益を語る資格などありようもない。

昨日の報道ステーションに、菅直人氏が生出演した。
意気込みは威勢がいいが、周到に準備しただろう古館の問いに対し、菅氏の回答が曖昧で、具体策も枝葉末節に終始し、根幹に何があるのかが全く見えない。
熟議の国会、国益の国会、平成の開国など、何かと新しいキャッチコピーの押し売りで「小泉劇場」ばりの演出を施したいのだろうが、中身がないので簡単にメッキが剝がれるようなものだ。
結局、「覚悟はあります!でも具体策はこれから検討します!」というのが出演の全貌であり、視聴者には「あぁ・・・やっぱりこの人には無理だ・・・」と感じた方も多いはず。

結局、菅直人という人の本質はスローガンだけなのだという事実だけが見えた、報道ステーションへの生出演。
番組側も、外交や安全保障、沖縄基地問題など、菅政権の最大の弱点へのツッコミを封印した。
菅氏とテレ朝の間に申し合わせがあったのだろう。
菅氏の存在の軽さと、番組の軽薄さだけが印象に残った。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/01/06 07:05 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ