FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2011年01月01日
月別アーカイブ  [ 2011年01月 ] 

謹賀新年と新たなスタート

← 応援クリック、ありがとうございます。

皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もマイペースで勝手に書いていきますが、引き続き宜しくお願いいたします。

2011年元旦 富士山

朝起きてベランダに出ると、富士山が綺麗に見えました。
年末からの豪雪に見舞われた方もいらっしゃるので、心苦しい気もしますが、新年早々富士山を拝むことができるというのは、なんだか今年は良い年になるのかなという、自己満足にも似た期待を抱かせます。

その兆候のひとつというべきなのか、菅直人氏は仙谷官房長官の更迭を含めた内閣改造に着手するような報道が、大晦日にありました。
このことがプラスになるのかマイナスなのかで言えば、明らかにプラスなのでしょうが、菅直人というひとがこの国の舵を取っている限り、”人材のいない(岡田幹事長談)”民主党から誰を子分につけるかということだけで、国政や外交の劣化が修繕されるわけでもありません。

しかし、多くの識者が語る通り、2010年の失政で明らかに国民が目覚めたと言って良いでしょう。
化けの皮が剥がれた民主党政権に対する不信が支持率で現れたこともありますが、私が最も国民の目覚めを見たと思えるのは、政府や中国に対する抗議デモです。
あのようなデモを都心で見たり、参加したりということは、ちょっと前まで想像だにしませんでした。
ひとりでも多くの方が国を憂い、政治に興味を持つようになれば、国と政治を変えることができると思います。
その意味で、2010年は日本の新たなスタートの年だったと思うことにしましょう。
一度スタートを切ったら、立ち止まらずに突き進んでいきたいものです。

これから初詣に、靖国神社に向かいます。
皆さまの2011年が良い年になりますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2011/01/01 10:10 ] 政治 | TB(1) | CM(2)
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ