FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年12月20日
月別アーカイブ  [ 2010年12月 ] 

核保有賛成 85%、核保有議論賛成 96%

← 応援クリック、ありがとうございます。

産経が12月9日から14日までの間、日本の核武装に関するネットアンケートを行った。
なかなか興味深い結果が出ている。

(1)日本は核武装をすべきと思いますか

     85%←YES NO→15%

(2)公の場で議論だけでも行うべきですか

     96%←YES NO→4%

(3)有事の際にアメリカは日本を守ると思いますか

     22%←YES NO→78%


これが一般的国民の感覚かと言うと、そうでもないような気がする。
Yahoo!みんなの政治の「政治投票」同様、政治に自らかかわろうとする積極層から発せられた意見の集約と見た方が良いかもしれない。

しかし!

この「核武装をすべき」を選択した人が85%もいるのは、そのような背景があるとしても驚きだ。
日本人にはもっと核アレルギーがあると思っていた。

民主党政権の気骨なき外交と、中国・北朝鮮の蛮行が、日本国民の意識を変えつつある。
かつて故中川昭一氏が、「核保有の是非を議論をすべき」と語り、マスメディアやリベラリストたちから袋叩きにあったのは、ほんの3~4年前のことだ。
議論すべきと問題提起しただけで、メディアから吊るしあげを食らうこと自体が異常なのだが、今は状況が確実に変わってきている。

ここ何十年も見られなかったデモが、今は普通に行われている。
やまと新聞社:国民大行動 in 渋谷 3500人のデモ ~ 「民主党(菅)内閣」打倒!
参加者は運動家ではない。
ごく一般の国民である。
怒りと憤りが、少しずつ国民の行動を変えつつあるのである。
核議論も例外ではないだろう。

アンケート結果を鵜呑みにするわけではないものの、少しずつ日本の将来に期待が持てるようになってきた。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/12/20 07:04 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ