FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年12月19日
月別アーカイブ  [ 2010年12月 ] 

丹羽中国大使の更迭を求める

← 応援クリック、ありがとうございます。

経済理論はさておき、実際に銀座でブランド品を買い漁ったり、秋葉原の家電量販店で電化製品をしこたま勝っている中国人をこの目で見れば、中国が発展途上国という感覚は持てるわけがない。
内部に貧困層を抱えていると言っても、それは彼の国の国内問題であり、共産主義の失敗例とすべきである。

中国大使として、経済界から丹羽氏が選ばれた時、これは政府の失策だと感じた。
経済の結びつきは大きいが、経済人が国家対国家のせめぎ合いを担えるかというと、到底荷が重いと感じたからだ。
そしてその結果、その大使は「中国向けにもっと金を出せ」と言っているようだ。

丹羽大使が対中ODA強化要請 関係改善めざし外務省に (産経)

 在中国の丹羽宇一郎大使が今月上旬、日本から中国への政府開発援助(ODA)の強化を外務省本省に意見具申していたことが18日、分かった。中国の経済力の向上に伴い減少傾向にある対中ODAの増額を事実上求めたものだ。
 国内総生産(GDP)で日本を抜いて世界2位になるといわれるほどの経済力をつけ、軍備増強も続ける中国にODAを供与し続けることには批判が多く、打ち切りを求める声も出ている。これに対し、丹羽氏は9月の沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で悪化した日中関係の改善に向け、他の予算を削減してでも対中ODA予算の「増額」が効力を発揮すると判断したようだ。
 政府関係者によると、丹羽氏は意見具申の中でODAが日中間の経済、交流関係を強化する外交手段として有効だとの見解を示した。特に環境技術協力や中国国内の法整備、労使紛争解決のメカニズム構築などにODA予算を重点配分することを主張した。
 そのうえで、対中ODAを打ち切ることは、中国側の批判を受けることになると「警告」したという。
 昭和54年に始まった対中ODAは累計で3兆6千億円を超える。9割以上を占める円借款(有償資金協力)は平成19年度に終了した。ただ、環境保全や人材育成を中心とする無償援助と技術協力は20年度以降も継続。同年度の実績は53億円で、日本は世界最大の中国支援国となっている。


以前、「領土を奪いに来る国に最大級の経済援助をする日本とは・・・」というエントリーを書いた。
敵意むき出しで領土を奪いに来る国に対し、経済援助を行うことが、果して国民が納得できるものか。
加えて中国という国はGDP、かき集めた金で巨額な軍事費を組み、アジア・アフリカ等の諸国へ援助を行い、経済的属国化を推進している。
ODAは、紐付きでない限り、ばらまきと一緒なのだ。

中国にばらまく金があるのなら、その金をロビー活動やインテリジェンスに使って欲しい。
クリントン政権下の米民主党は、チャイナロビーから多額の献金を受けていた。これが米国の対中政策に与えた影響は大きいとされる。
いわゆる従軍慰安婦問題で、日本に対する非難決議を推進した米マイク・ホンダ議員は、中国方面からの献金を受けていた。
カナダのオンタリオ州は、ALPHAという中国政府の半直轄の反日活動団体の要請を受け、高校1年の教育課程に「南京大虐殺」を加えた。忌まわしいことに、ナチスのユダヤ人大虐殺と並列扱いだ。

こんな国家に更に金をつぎ込めという理論は、現実を知る日本人にとって到底理解できるものではない。
丹羽大使は、明日20日から南京を訪れるといい、南京からどんなメッセージを発するのかを注視したい。
いずれにせよ、今回のODA発言からしても、この大使は役不足であり、早急な更迭を求めたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/12/19 11:31 ] 外交 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ