FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年11月21日
月別アーカイブ  [ 2010年11月 ] 

略奪された歴史教科書

← 応援クリック、ありがとうございます。

今はもうあまり知られていないが、かつて中国の大連で、現地の日本人学校で使う歴史教科書が、税関当局に差し押さえられたことがある。

下記は、2005年6月28日の産経新聞の記事である。

中国・大連 日本人学校の教材没収 「台湾」「尖閣」記述を問題視 (産経)

中国大連市の大連日本人学校(那花国男校長、生徒数=小中学合わせ百五十九人)で、日本から取り寄せた社会科などの副教材十種百二十八点が、内容に問題があるとして大連税関に差し押さえられたことが二十七日分かった。学校側は一部没収や罰金の処分を受け入れ決着したが、税関側は尖閣諸島を日本領に表記した地図など、主権にかかわる部分も問題にしており、教科書にも検閲が及ばないか、関係者は神経をとがらせている。
 関係者の話を総合すると、大連日本人学校は四月の新学期前に副教材を発注、そのうち小学用「社会」や中学用「歴史」「地理」「公民」など八種類の問題集や資料集などとCD二種類が六月になっても届かなかった。運輸業者が調べた結果、大連税関の検閲で、差し押さえられていたことが判明した。
 税関側は、教材中の地図が、中国と台湾を色分けしていることを、台湾を独立した存在に扱っており「一つの中国」の原則に反すると主張。さらに中国が自国領と主張している尖閣諸島を日本領にしていることや、「台湾政府」としている記述などを問題視、「国内法違反」として没収する方針を示した。
 学校側は、教材が教育に不可欠であることを訴え、返却を求めたが、税関側は「違法図書」との立場を変えず、当初は多額の罰金などを要求。結局、先週末までに、学校側が基本的に処分を受け入れ、妥結した。始末書の提出と罰金一千元(約一万三千円)に加え、尖閣諸島を日本領と表記した地図を含んだ教材など計十数点の没収という内容だ。(以下略)


逆検定 中国歴史教科書―中国人に教えてあげたい本当の中国史 (祥伝社黄金文庫)中国という国には、教科書は国定教科書の一種類しかない。
かつて読んだ「逆検定 中国歴史教科書―中国人に教えてあげたい本当の中国史」という書籍の中で、井沢元彦氏と金文学氏がこの国定教科書の捏造ぶりをこっぴどくこきおろしているが、中国という国は、真実を真実として教えず、自国、もしくは共産党の都合のいいように捏造して教えることを是とする国である。

もともと独立国だったチベットが、中華人民共和国が樹立された直後の1950年に軍事侵略され、おびただしい数の殺人を犯してまで中国に併合されたことを、国定教科書では「チベットの平和解放」と教える。
人口6000万人のチベットの5分の1にあたる1200万人を殺戮しておいて「平和解放」というのだから、何でもありなのである。
その他、北朝鮮が突然軍事侵攻したことに端を発した朝鮮戦争を、同教科書では、米国が38度線を越えて中国国境まで攻め入り、中国は安全を脅かされたとしている。
これと同じロジックで、「南京大虐殺」といわれる歴史が捏造された。

いま、中国各地で反日デモを起こし、日の丸を焼き、日系企業に投石し、日本車を破壊する支那の人民は、こういう歴史教育を受けてきているのだろう。
残念ながら、彼等が覚醒する手段は、中国共産党による情報統制によって遮断されている。
彼等は何も知らないのである。
ただ、知らないといったところで、彼等の罪の重さは変わらない。

自国は教科書を捏造し、我が日本には教科書問題で難癖をつけてくる中国という国と、果して戦略的互恵関係というものは成り立つのか?

中国のやり方は全面的に否定するが、かくいう日本の教育は度し難く手ぬるい。
尖閣、竹島、北方領土等にかかる問題を、学校教育の現場で子どもたちに教えなければ、次世代は国を守れなくなる。
また、人権だけではなく、外国による領土侵犯と人さらいが問題である拉致事件など、理解できなくなる。
私は、中国で国定教科書が使用されなくならない限り、支那人らと相互理解できるようになるとは思えない。

尖閣事件は、日本人が覚醒するための、ひとつの重要な事例とすべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/11/21 08:01 ] 外交 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ