FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年11月18日
月別アーカイブ  [ 2010年11月 ] 

仙谷由人よ、即刻辞任せよ!

← 応援クリック、ありがとうございます。

柳腰官房長官の発言が物議を醸すのは、今に始まったことではない。
しかし今日午前中の参院予算委員会での発言は、そんな仙谷暴言集の中でもトップクラスのものだ。

暴力装置でもある自衛隊はある種の軍事組織でもあるから、シビリアンコントロールも利かないとならない」


もともとこのいきさつというのは、北沢防衛大臣が、防衛省が政治的な発言をする部外者を関連行事に呼ばないよう求める次官通達を出したことから始まる。
これはこれで非常に由々しきことで、言論統制とか検閲を是認する、国家権力の乱用にほかならない。
まさしく民主主義の否定であり、民主党の体質が、中国共産党のそれと何ら変わらないという証左である。

しかしいくらなんでも、自衛隊を暴力装置とする国会議員が、あの議事堂の中に存在しているとは思わなかった。
しかも所属が官邸である。
日本国の危機は、このような政治家の存在によってもたらされているのである。

そもそも仙谷由人というのは全共闘の出身である。
全共闘は、自衛隊を真っ向否定していたと記憶している。
従って、この「自衛隊=暴力装置」というのは仙谷氏の本音だろう。
仙谷由人の体内に流れる血は、色とは別の意味で赤いのである。

自衛隊員の士気が下がることが懸念されるが、自衛隊員は国を守るという強い意志を持っていることは疑わないが、「どうせこの政権は長続きしない」と、先読みすべきだ。
そうでもしないと、やりきれないだろう。
どう考えても、自衛隊員には失礼極まりない発言ではある。

最も度し難いのは、この仙谷由人の国家観の無さである。
菅政権は末期であると、断言してもいいと思う。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/11/18 18:51 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ