FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年10月25日

自衛隊観閲式で空き菅が訓示。 これは漫談か?

← 応援クリック、ありがとうございます。

自衛隊観閲式で空き菅首相が訓示をたれた。
訓示のシメとして、自衛官に対して3つの注文を付けたが、この3点が面白い。
何故かと言うと、心ある自衛官はきっと、「オメーに言われたくねーよ」と思っているだろうからだ。

自衛隊観閲式で菅首相の訓示詳報 中国は「海洋における活動を活発化させている」 (産経)

私は自衛隊の最高指揮官として隊員諸官に対して次の3点を望みます。

 第1は自らの任務に関する知識と技量を十分に持てということです。隊員諸官には自らが安全保障のプロフェッショナルであるとの気概を持ち、内外の情勢、そして国民の自衛隊への期待をよく知るとともに、自らの任務に必要なスキルを十分に改良し、その技量の錬磨に努めてもらいたいということであります。

 第2は自らが自衛隊員であることを常に自覚せよということです。隊員としてふさわしい倫理観と常識的な判断力とを常に維持することが国民からの一層の理解と信頼を得るために重要であるからです。

 第3は真の勇気の持ち主であれということです。隊員諸官はことに臨んでは危険を顧みず、責務を全うすると宣誓した自衛隊員であります。真の勇気を持つ者として万が一の事態における瞬発力や積極果敢な姿勢を平素から涵養(かんよう)してもらいたいと思います。


1に、「自らの任務に関する知識と技量を十分に持て」と。
この言葉は、そのままそっくり菅直人氏にお返しせねばなるまい。
仙谷柳腰健忘長官の傍若無人なご活躍(?)によって、今や菅首相の影の薄さたるや、尋常ではない。
柳腰氏が泥をかぶる役を買って出ているという好意的な見方もあるようだが、菅氏ご本人があまりに無能すぎて、首相という役目が務まらないからのようにも見える。
知識もさることながら、技量は最低である。
技量がないから自らの判断への責任も取れず、責任回避にまわるから、尖閣のビデオすら見ない。
野党としての技量はあったのかもしれないが、国政の長としては役不足だろう。

2に、「自らが自衛隊員であることを常に自覚せよ」という。
この自衛隊員という言葉を総理大臣に置き換えると、そっくりそのまま、多くの国民が菅氏に対して抱いている感情の代弁になる。
菅氏は総理大臣であるから、政治における全ての判断に対して責任を持たねばならないのだが、尖閣の問題が勃発したとき、「俺がニューヨークにいる間に解決しろ」と言って、旅立ったのだそうだ。
自覚が足りないとはまさにこのことだろう。
お伺いしたいものだ。「あなたは首相と言う立場を常に自覚していますか?」と。

3に、「真の勇気の持ち主であれ」という。
自衛官に対して「責務を全うする」とか、「万が一の事態における瞬発力や積極果敢な姿勢」とか仰るのは良いが、ご自身にそれが備わっているのか?
今の首相の姿勢が、責務を全うしていると思っておられるのであれば、それは国民全体にとって悲劇である。
尖閣問題からも逃げ、小沢一郎氏の喚問についても党側におしつけ、ご自身はまるで積極果敢な行動を示しておられない。

この空き菅首相の訓示は、ツッコミのいないボケ漫才のようでもある。
ツッコミがいれば、「お前が言うんかい!」とか、「誰に言うてんねん!」とか、様々なツッコミが成り立ちそうである。
しかし、日本はこの政治家の独り漫才を聞いている暇はない。
売れない芸人だって、やがてテレビ等から消えていく。
この人もそろそろ消えてもらわねばならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/10/25 07:02 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ