FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年10月15日
月別アーカイブ  [ 2010年10月 ] 

日本の病理、輿石東

← 応援クリック、ありがとうございます。

公人たるもの、ましてや政治家たるもの、その素行や発言には十分注意し、それらが内外に及ぼす影響まで配慮するのが当たり前だと思っているが、この輿石東というミイラのような議員には、そのような要求は無理らしい。

民主党に綱領がないから、どんな発言でも許されるのか。
もし将来、民主党に綱領ができたとしたならば、その綱領には「人権無視」や「中国万歳」、「終生朝貢」というような文字が載っているのかもしれない。
こんなことを言うと「んなわけねーだろ」と言われるかもしれないが、政治家の発言というのは、それが日本のみならず万国共通の利害にかかわる場合、明確なスタンスの表明が必要だと思う。

民主・輿石氏、ノーベル賞の劉氏釈放要求「私が言っても無駄」 (産経)

 民主党の輿石東参院議員会長は14日の記者会見で、ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家で服役中の劉暁波氏の釈放を求めるかどうかを問われ「俺が釈放しろったって(中国政府は)釈放しないよ。そういうムダなコメントは答えない」と述べて、劉氏の釈放について発言するのは無意味だとの考えを示した。


この輿石東氏、「俺が釈放しろったって釈放しないよ。そういうムダなコメントは答えない」という品格の欠片も感じさせない言葉は、既に政治家としての職責を放棄しているとしか思えない。
もし輿石氏の心の故郷が中国であるなら、そう明言すればいい。
欧州をはじめとする国家のリーダーたちは、たとえ内政干渉と言われようとも、中国に対して「劉暁波氏に自由を」と明言している。
言うべきことは言うという、強い信念が、政治家には必要だ。
しかし菅直人は、「劉暁波氏の釈放が望ましい」という中途半端すぎる見解を表明した。これがこの無力な首相の限界なのである。
彼は主義主張・原理原則は脇に置き(氏にそれらがあれば、の話だが)、今はAPECに胡錦濤を呼び、会談するということしか頭にない。
内容はともかく、会談という既成事実だけが、菅には重要なのだ。
しかし「俺はしらねーよ」は、国民の代表としての立場を全うしているとは到底言い難い。

私は今でもこの輿石東という議員の当選は、選挙違反によるものと思っている。
今夏の参院選で、民主党若手女性議員が選挙応援に駆け付け、自らを「輿石ガールズ」などと名付けたときには、この女性議員たちの節操のなさと気味悪さに悪寒が走った。
教職員をはじめとする公務員の不法政治活動によって議席を得たこの議員は、今後も「トロイカ+1崩れ」のひとりとして、党内で影響力を持つと思われる。

氏のミイラのような風貌を見て、決して笑ってはいけない。
喜劇ではなく。我々は日本の悲劇を見ているのである。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/10/15 14:12 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ