FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年10月07日
月別アーカイブ  [ 2010年10月 ] 

社民党よ、消えてなくなれ

← 応援クリック、ありがとうございます。

私は過去に、もともとこの政党の存在意義はとうの昔に無くなっていると書いた。
個人的な見解ではあるが、その時期とは、村山富一が総理大臣に担ぎ出され、自衛隊を合憲と認め、日米安保を堅持とする方針を出した時である。
その瞬間、社民党のアイデンティティは崩壊し、存続の危機を感じた議員の多くは民主党に寝返った。
そして、労組などの主力支持母体まで持って行かれ、今の政党支持率は1%前後をウロチョロしている。
最近になって結成された、確固たる支持母体のない新党ならいざ知らず、支持率1%というのが、歴史ある社民党の現実なのである。

その支持率1%の政党が政権与党と与し、もともと能力のない民主党幹部と日本をめちゃくちゃにしたから、たまったものではない。
普天間問題などにおいては、最後まで主張を曲げなかった福島党首を称える莫迦もいたようだが、もともと国を守るという意識がなく、そもそも国という枠を破壊することが信条である政党を
、国政に関与させることなど、言語道断なのである。

現在の社民党も、それなりに危機感を持っているようだ。
小沢一郎氏の証人喚問に、野党7党の中で唯一賛意を示さず、政倫審で事を収めようとしている。
政権に擦り寄らなければ自党の存在そのものが危うくなるという、まさに寄生虫のような存在であり、民主党に秋波を送るこの姿は無様というほかない。
社民党が政権に参加すればロクなことがないというのは、1994~96年の村山富一時代に証明済みで、個人的にはもう懲りごりである。

社民党は即時解党し、政治の世界から去るべきである。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/10/07 14:47 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ