私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年10月

呆れた連立内閣 ~ 中共に塩を贈る前原外し論

← 応援クリック、ありがとうございます。

ならず者国家中国から首脳会談を断られ、自らの手で日中関係を好転させ、手柄を立てようと思った空き菅首相の思惑は、無残にも崩れ去った。
党幹事長の面会要請も断る小沢一郎が国内の常識外れの象徴なら、この中国の度を越した失礼な振る舞いは、世界的常識外れの象徴である。
中国国内の保守派とか軍に対するポーズという説もあるようだが、恐らく外交のイニシアチブを取るという戦略もあるのだろう。
日本が頭を下げて「会ってください」というなら、会うというスタンス。
中華思想の凝り固まりなら、そう考えるに違いない。

しかし日本国内の反応も呆れかえるものが多い。

首脳会談拒否 「中国の国内事情だ」「前原外相が悪い」 政府・民主で飛び交う声 (産経)

 党中堅幹部は「日中両国のために前原はつぶした方がいいというメッセージじゃないか。中国に言われてすぐに辞めさせるのはよくないが、前原が外相をやるのは無理だ」と、中国そっちのけで外相批判を展開した。
 別の若手は「前原がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で中国包囲網みたいなことを言ってきたから、牽制しているのだろう」との見方を示した。
 一方、中国内の権力闘争が原因との分析もあった。
 外務省出身の議員は「中国の国内事情だ。菅(直人首相)さんと仲良く映る姿が本国に伝われば、温家宝首相はまた弱腰だと批判される。外交日程のキャンセルはだいたい国内事情であって、ビデオ公開や前原さんの態度はあまり関係ない」との見立てを示した。


そして政権与党の一役を担う国民新党の下地氏も、「前原誠司氏はもう、外相を辞めた方がいいのではないか」と語ったという。
一体この連中は誰の顔を見て政治をやっているのか?

平均的に物事を見れば、今回の首脳会談の中止は、中国の身勝手なドタキャンだろう。
ところが、その悪しき振る舞いを批判するどころか、批判の矛先を自国の外相に向ける思考回路を、私は到底理解できない。

私は民主党政権内における前原氏を擁護するつもりは毛頭ないが、尖閣の問題が発生して以来、政権内部で最もマシな見解と姿勢を示していたのは前原氏ではないか?
少なくとも、責任を回避するために、ギリギリまでビデオを見なかった菅直人や、当たり屋船長を検察に圧力をかけて早々に釈放させ、その責任をいち地方検事になすりつけている仙谷由人より、百万倍マシである。

中国のご機嫌を取り、身内の足を引っ張るという政治姿勢を見せるこの莫迦どもは、国家観の欠片もない議員と言って差し支えない。
一体どの国のために政治をしているのか?


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/10/31 08:57 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: