FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年09月24日

官邸が検察に介入?止まらない亡国政権を許すな!

← 応援クリック、ありがとうございます。

腸が煮えくりかえるような心境だ。
中国人体当たり船長を、処分保留のまま釈放するという那覇地検の判断を知ったとき、いくら司法が独立していようとも、事件の性質を勘案すれば、このような判断を那覇地検の独断で行えるとは思えなかった。

先ほど安倍晋三元首相からのメルマガでは、その判断は官邸の介入によって行われたと断言している。

みなさんこんばんは。
安倍晋三です。

私はかねてから仙谷官房長官がいかに愚かであるかを指摘し、「そんな人物が官房長官である事によって日々国益が失われる危険に直面している」と警鐘を鳴らしてきました。

残念ながら危惧した通りになりました。
日本の尖閣諸島沖で領海を侵犯し主権を侵害し、さらに海上保安庁の巡視船に体当たりした船の船長を中国の圧力に膝を屈して釈放する―。最悪の判断です。
処分保留の判断は明らかに官邸が検察に介入した結果です。

この間違った決断は結果として新たな危機を呼び寄せる事になるでしょう。
民主党政権が誕生し、与那国島には中国が嫌がるから自衛隊は駐留させないと決断し、
東シナ海のガス田問題では中国側が機嫌を損ねる行動や発言は行わない、そして彼らの日中合意違反は見過ごすと決断し、靖国参拝は政務官に至るまで自粛すると中国に向かって発表まで行った。

日韓併合百年にあたっての菅総理大臣談話は朝鮮半島向けではありましたが、それは「日本は過去の謝罪と反省とお詫びを今後もし続けますよ」との中韓に対する官邸のメッセージとして、受け取られたでしょう。
賎しいまでの卑屈な対応をした結果どうなったか。皮肉な事に、官邸が期待したものとは全く逆の反応を中国は示しました。

民主党政権の領土領海を、国益を守る意志の強さを中国は見ていたのです。
そして見極めた。
その結果の領海侵犯であり、逮捕に対するごう慢な圧力でした。

そして今日、その判断に間違いがなかったと、嘲笑しているに違いありません。
叩頭し続ける民主党政権はさらなる叩頭を求められ、日本は尖閣を失うでしょう。


こんな政権、私は断じて認めることはできない。
海上保安庁であれ、自衛隊であれ、彼等は国益を守るために体をはり、命を賭して任務にあたっている。
今回の判断は、国を思う彼等の活動を侮辱し、国益を棄損し、国民を愚弄した。

柳田法相は、「法相としての指揮権は発動していない」とコメントしたが、報道陣からの質問は一切受け付けなかったという。
この胡散臭さは何だ!?

岡田某は、「検察の判断は尊重されるべきだ。法に基づいて粛々と(判断)した結果だ。」と嘯くが、検察が「国民への影響や今後の日中関係を考慮」と、「政治的配慮が入った判断」と言っているのだから、全くかみ合わないし、説得力がない。

今は怒りが過ぎて、まともな文章を書けそうにない。
しかし兎に角この売国奴の塊とも言える現政権を下野させなければ、日本は必ず吹っ飛ぶ。
こんな体たらくで、もし世論調査の政権支持率が下がらなかったら、私は本当に日本人をやめたくなるかもしれない。
その前に官邸に突入でもするか・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/09/24 20:01 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ