FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年09月15日
月別アーカイブ  [ 2010年09月 ] 

菅首相無効論

← 応援クリック、ありがとうございます。

インターネットというのは便利なもので、遠くマレーシアの離島にいても、民主党代表選の結果はほぼリアルタイムに知る事ができた。
結果は予想通りの菅直人の勝利に終わったが、小沢一郎とともに、太鼓持ちの山岡賢次、茶坊主の松木某などの表情を、テレビ画面で確認できないのは残念だ。
加えて、何の役にも立たない事を自ら証明してしまった阿呆鳩は、今後どのような飛び方をするのだろうか?
もういい加減に宇宙にあるであろう巣に戻って、人に迷惑をかけず、大人しく余生を暮らして欲しいものである。

ところでこの民主党代表選、党のナンバーワンと同時に首相を選ぶ、「開かれない」選挙だったわけだが、例えこの選挙で菅直人が勝って首相続投となっても、私はこの選挙自体が無効であると考えているので、菅首相を首相とは認めない。
いわば、菅直人は「暫定首相」である。
これは、仮に小沢一郎が勝ったとしても同様である。

理由は明白で、この選挙が日本国憲法違反であるからだ。
メディア全般は小沢完敗だの、後の人事がどうのと、なにやらプチ祭の様相だか、選挙の結果が出てしまったからその問題はもう…とはならない。
当然ながら、法に照らし合わせて相応な疑念があれば、追求していくべきであり、「そんなこともあったねぇ」では済まされるはずもない。
何故なら、この外国人サポーターによる実質的な国政参加の既成事実化は、日本の民主主義のありかたを根底からくつがえすものだからだ。
また、同じ意味において、野党のツッコミも甘っちょろい。
党員・サポーター票が大差だったらしいが、議員票にそれほどの探しなかったのであれば、尚更「彼等」の動向が我が国の政治リーダーを決める大きなファクターになったということで、「民意が菅を選んだ」という報道があるとすれば、それは目くらまし・歪曲報道に等しい。

だから、私はこの民主党代表となった菅直人は「暫定首相」であり、何とも莫迦な話ではあるが、党員・サポーター規約を修正し、投票権を日本国民だけに絞った上で、再度投票を実施すべきである。

あぁ~、旅先でiPhone片手にブログを更新するのは、中々骨が折れる(苦笑)。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/09/15 09:06 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ