FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年08月29日
月別アーカイブ  [ 2010年08月 ] 

バカがバカを担ぐ民主党代表選

← 応援クリック、ありがとうございます。

期待が大きければ大きいほど、裏切られたときの失望も大きい。
私は民主党支持者どころかアンチ民主なので、彼等の政治には期待などなく危惧と危機感しか感じないが、それでも党員の方々の失望感は察するに余りある。

「投票用紙届いたら『バカ』と書く」 民主への失望は予想以上… (産経)

 民主党代表選で、菅直人首相と小沢一郎前幹事長の対決構図が固まってから初の週末となった28日、同党議員らは地元に戻り、街頭やミニ集会で党員や一般有権者から意見を聞いた。「政治とカネ」問題を抱える小沢氏への批判は根強かったが、円高・株安を解決できないまま抗争にかまける民主党への失望の声も出た。議員は「民の声」をどう受け止めるだろうか-。
 28日午前、当選1回の横粂(よこくめ)勝仁衆院議員(比例南関東)は神奈川県横須賀市の京急・横須賀中央駅前で、行き交う人々に「どちらの候補がいいですか」と、尋ね続けた。
 1時間ほどで約20人の回答を得たが「小沢さんは自分の問題を説明してない」(60歳代男性)などと小沢氏に厳しい声が多く、大半が首相を支持した。とはいえ、首相の良さを語る人もゼロだった。
 党内でどのグループにも属さない横粂氏は記者団に「消極的な首相支持が多い。(候補を)積極的に応援してもらえる代表選になれば…」と語った。
 関西地方のベテランは後援会合で絶句した。代表選で投票権を持つサポーターの男性から「(代表選の)投票用紙が届いたら(菅氏とも小沢氏とも書かず)『バカ』って書く。民主党はなに考えとんのや」と言われたからだ。
 一方、小沢グループの高山智司衆院議員(埼玉15区)が27日夜、戸田市内で開いたミニ集会では「小沢さんの剛腕が今こそ必要だ」「国民は小沢さんを支持しないのでは」と、両論が出た。(小田博士、山本雄史)


笑点じゃないが、この「投票用紙にはバカと書く」と言った大阪の男性には、座布団3枚くらい持っていきたい。

さて、このバカの意味であるが、お察しするに、菅直人、小沢一郎両方ともに向けられた言葉だと思う。
候補者の一人でもまともな人がいれば、その名前を書くことができるが、両方ともバカだから、バカと書くしか方法がない。
しかし、個人的な解釈を加えれば、この男性の仰るバカとは民主党全体を表しているとようにも取れてしまう。
両候補(予定)ともバカであり、その両者を担ぎあげる議員もバカである。
このバカの意味とは「国民の声を聞くことができない者」という意味であり、世論と乖離をひたすら拡大し続ける政権与党には、この「バカ」という言葉が相応だろう。
例えて言うならば、「(小沢氏が首相になれば)3年後は非常に支持率が上がり、『あのときは何だったのか』と必ずなる」と、根拠もない持論で小沢氏を担ごうとしている山岡賢次など、そのバカの筆頭だろう。

もっとも、自虐的な意味を含め、この政党を選んでしまった有権者のほうも、この言葉を自らへの戒めとする必要はある。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/08/29 21:41 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ