FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年08月23日
月別アーカイブ  [ 2010年08月 ] 

呆れる保阪正康の小沢首相待望論

← 応援クリック、ありがとうございます。

なんだか最近の政治は、政策はどこかに置き去りで、政局ばかりが目立つ。
それもこれも、9月の民主党の代表選挙を控えているからで、一国の首相が代わろうかという局面だから、メディアはタブロイドの芸能ニュースばりに、政局ネタばかりをかき集めて記事にする。

そんな報道に飽き飽きする中で、飽きるどころか呆れかえる記事がある。
AERAの保阪正康氏のインタビュー記事だ。

題して、「小沢首相を見てみたい」
かいつまむと、

──小沢さんは代表選に立つでしょうか。
 私は小沢さんに首相を1回やらせたら面白いと思っているんです。マキャベリスト(目的のためには手段を選ばない人)なところは好きではない。ただ、好き嫌いの感情は別として小沢首相の政治手腕や政策立案能力は見てみたいですね。
──世論調査では、小沢さんが政治的影響力を強めることへの抵抗が有権者には強いようです。それでも小沢首相を待望する理由は。
 彼の強い目です。権力の持つ強さと怖さを知っている目です。田中角栄や金丸信のもとで学んで身につけたのでしょう。だから、権力を取ることに、あれだけ積極的、攻撃的になるのでしょう。いまの日本が停滞しているのは、国のめざす方向が決まっていないことが根底にあります。マージャンで言えば、牌をジャラジャラかき回しているだけで、いっこうに始まらない。小沢さんが首相の権力をどう行使し、現実をどのように動かしていくのか。そういう興味と期待です。
──強引な政治手法に、有権者からは相当反発が出るのでは。
 出るでしょうね。国会では木で鼻をくくった答弁しかしないだろうし、意見が違う人とは議論しても意味がないと思っている人ですから。ただ、無色透明とも言える時代だからこそ、開き直って、この時代になんらかの色づけをしてほしいですね。


目力が強いと、総理大臣になれるのか?
保坂氏くらいになると、目を見ればその人がリーダーに相応しいかどうか判断できるらしい。私には備わっていない能力だが、とっても面白い着眼点(皮肉です)だと思うものの、説得力が全くない。
小沢一郎のマキャベリストぶりは、昨年12月、中共の習近平国家副主席の天皇陛下ご面会をゴリ押しした件が記憶に新しい。目的のためには手段選ばずという、まさに小沢カラーが出た一件である。

そして保坂氏はこうつなぐ。

──いまは世論に翻弄されてばかりです。
 メディアにあおられた世論が政治をゆがませていると思いますね。昔の世論調査は対面で手間をかけて丁寧にやっていました。実施するのも、内閣発足時や重要な政策が審議されている時期に限られていました。ところが、いまはわずかな母数をもとに毎週のように内閣支持率が上がった、下がったというわけです。極めてトリッキーな数字に世論全体が流され、暴力化したその数字が内閣の命運までを左右しています


世論調査については、私も大いに疑問を感じる部分がある。
世論調査が人気投票化し、政治家のポピュリズムを煽るような結果になることには反対だ。
確かに政治の主導権を誰に渡すかという判断について、世論=投票者が最終的責任を負うのは当たり前だが、右寄りであろうと左寄りであろうと、政治を真面目に考えている人にとっては、この保坂氏の発言は暴言としか聞こえない。

さらにこの方、極左政権の先導役である仙谷官房長官を褒めちぎる。

政治リーダーの資質ばかりが注目されますが、捨て身の政治家がどれだけいるかで政治の質は変わってきます。官房長官の仙谷由人さんの記者会見を聞いていると、発言の仕方が、どこか突き抜けた、気概をもった印象を受けます。


気概を持っていればよいというわけはないだろう。その気概の進む方向が国益に逆行するとしたら、国民にとってその気概は迷惑以外の何ものでもない。


保坂氏は「世論が暴力化」していると仰るのだが、私にしてみれば、朝日新聞やNHKのほうがよっぽど暴力組織に思える。
今の民主党政権に象徴されるが、このメディアが拾うネタを政治家自身がせっせと撒いていて、そのネタをメディアが、ただ視聴率や購買数などを稼ぐために垂れ流しているだけのようにも思える。
一方的な情報の垂れ流しができる巨大メディアに比較し、世論というのは声をあげなければ届かないのだから、どちらかというと是正すべきはメディアの健全化と、それに惑わされることのない確固とした国家感を持つための教育ではないだろうか。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/08/23 22:45 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ