FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年08月15日

終戦記念日。 靖国神社と、東池袋中央公園と。

← 応援クリック、ありがとうございます。

終戦記念日の今日、靖国神社に参拝に行ってきた。

靖国神社 2010年8月15日

曇りとはいえ、夏の太陽は雲を通してであっても容赦なく、うだるような暑さだ。
実際、参道で参拝の順番を待つ間、じっとしていても汗が吹き出し、滴り落ちるくらいの酷暑だ。
こんな天候のなか、ここを訪れる年配の方々には、非常に厳しい環境だろう。

靖国神社 2010年8月15日

正午の時報とともに、1分間の黙祷のために境内は静まりかえる。
そこにいる全ての人たちが、英霊に対する感謝と畏敬の念でひとつになる瞬間である。あれだけ多くの人たちがいる中、蝉の鳴き声だけが響く、不思議な瞬間である。
普段、近くまで来たのでと立ち寄って参拝する静かな環境とは違い、この日はとても忙しく、ゆっくりと感謝と祈りを捧げることができる状況ではない。
しかし、特にこの終戦記念日に、英霊に感謝するという行為こそが大事なのであって、国の指導者がその行為をできない、もしくはする気がないというのは、なんとも悲しいものである。
一方、若い人たちが比較的多かったことには、少なからず心強さを覚えた。


個人的に、この日にこそ行きたい場所があった。
東池袋中央公園である。
そこには「永久平和を願って」と書かれた石碑がある。

東池袋中央公園 石碑「永久平和を願って」

戦後、いわゆる戦犯とされた日本人が巣鴨プリズンに収監されていたが、この石碑は、その人たちが処刑された場所に建立されたものだ。
石碑には、「永久平和を願って」と書かれているが、もともとは「戦争裁判の遺跡」とされるはずだった。
ところが戦争の美化だの、戦犯の顕彰に繋がるだの、サヨクが訴訟まで起こし、この「永久平和を願って」に落ち着いたという歴史があるそうだ。

私はこの場所を訪れる前、終戦記念日のことだから、きっと誰かが成仏をとなえに来ているだろうと思っていたのだが、人っ子ひとりいない。全くいないのである。
確かにここで処刑された”いわゆる”戦犯とされた人たちも、今は靖国にいる。
石碑だから、霊もいない。
しかし、あの靖国神社を訪れる多くの人と、この誰も見向きもしない石碑の対称には、いささか面食らってしまった。

石碑に一礼した後、公園を出て、ほんの2、3分歩くとサンシャイン60ストリートに出る。
そこは、自由と富を謳歌しながら休日を楽しむ人たちで溢れかえっていた。
平和な光景ではあるが、この平和が、国のために命を捧げた英霊たちのおかげで享受できている現実を、この中の何人が意識しているのだろう・・・と考えると、少し眩暈に似た感覚を覚えてしまった。
確かに彼等若者に罪があるわけではなく、歴史を伝えてこなかった大人、もしくは歴史を歪曲して教えてきた大人たち、教師たちの責任である。


とにかく、熱い日だった。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/08/15 21:12 ] 愛国 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ