FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年06月29日
月別アーカイブ  [ 2010年06月 ] 

参院選、千葉景子氏に議席を与えてはならない

← 応援クリック、ありがとうございます。

マニフェスト不記載でも実現目指す 夫婦別姓と人権救済機関で法相 (産経Web)

 千葉景子法相は29日午前の記者会見で、選択的夫婦別姓を可能にする民法改正案と人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)が民主党の参院選マニフェスト(政権公約)に記載されていないことについて「マニフェストに載っていない、あるいはテーマになっていないことが特段問題になることはない」と述べ、参院選後も引き続き法案成立を目指す考えを示した。
 民法改正案は昨年夏の衆院選で民主党が掲げたマニフェストでも盛り込まれなかったが、千葉氏は「一貫して民主党としては取り組み、提起をしてきた。突然消えてしまうとか継続性がなくなるということではない」と強調した。


神奈川県のかたに切にお願いしたいのだが、この参院選で、千葉景子という候補者には議席を与えないでいただきたい
外様の勝手な言い分だが、この議員が議席を得て、大臣という座で政治の中枢にいる限り、国家の危機は決して去らない。
選択的夫婦別姓や人権侵害救済機関設置、加えて外国人参政権などの要件は、民主党内にも反対意見が根強く、マニフェストに掲載できなかったと伝えられる。ところが昨年の政権交代後に、そのマニフェストに書けなかった要件を持ち出し、執拗に法制化の動きを見せ、保守陣営と国民から非難を浴びた。
その法案の内容の危険度が怒りの第一の要因だが、それもさることながら、マニフェストを表向きの公約とし、裏の公約としてこれら日本解体法案を持ち出した民主党の姑息な政治スタンスに、多くの国民が怒ったのである。

マニフェストに載せた公約すら満足に進めることができないにもかかわらず、マニフェストに載せられなかった公約でも何でもない要件の法制化を推進するなど、騙し以外の何ものでもない。
その動きのど真ん中にいるのが、この千葉景子という人物なのだと、私は見ている。

法相なら法相なりの仕事があるだろう。
少なくとも、千葉大臣の机の隅には、サイン待ちの死刑執行書が山積みになっているはずである。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/06/29 21:15 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ