FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年06月26日
月別アーカイブ  [ 2010年06月 ] 

民主党はチンピラ集団か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

たちあがれ、演説ルールめぐり民主と衝突…参院選公示 (スポーツ報知

民主党の末松義規氏と口論する与謝野馨氏 第22回参院選(7月11日投開票)が24日、公示され、17日間の選挙戦がスタートした。都内では、たちあがれ日本が演説ルールをめぐり、民主党と衝突するトラブルが発生。たちあがれの与謝野馨共同代表(71)が民主党・末松義規衆院議員(53)に胸ぐらをつかまれるなど、激しい口論に発展した

 4月の結党から初の参院選に挑むたちあがれ日本が、公示初日から与党・民主党と“場外乱闘”を繰り広げた。

 午前11時すぎ、新宿駅西口の小田急百貨店前でたちあがれが演説を開始。だが開始数分後、与謝野氏の演説中に、約100メートルほどの距離にある京王百貨店前に民主党比例代表の白真勲(はく・しんくん)氏(51)の街宣車が止まり、鈴木寛文部科学副大臣(46)らが演説を始めた。

 与謝野氏は演説後、すぐさま白氏の街宣車に直行し「選挙カーが見える場所ではやらないのが普通。マナーを守れ」と猛抗議した。すると、白氏の選対本部長を務める末松氏は「公道でやって何が悪い。(聴衆の)動員をかけているのに、どけと言うのか」と応戦。互いに顔を近づけながら口論したり、末松氏が与謝野氏の襟元をつかんで迫る場面もあり、約5分間にわたり激しいバトルを繰り広げた。鈴木氏は一時は演説を中断させたが「みんなのスペースだから自由だ」と続行。たちあがれ日本では抗議書の提出などを協議。実施には至らなかったものの、関係者は「民主党の意図的なものを感じる」と話した。

 たちあがれ日本の応援団長、石原慎太郎・東京都知事(77)は「マナーも守れない民主党はていたらくだ」とマイクを手に激怒。演説中に「白真勲コール」を聞かされ「うるせーな、コラ! どこの外国人だ。日本人ならルールを守れ」と挑発。母は日本人、父は韓国人で、韓国国籍から2003年に日本国籍を取得した白氏への人権侵害と批判されかねない発言が飛び出した。

 小田急百貨店前では、道路使用許可を受けた共産党、たちあがれ日本、公明党の順で演説することになっていた。同時刻に演説場所が重なった場合に関する公職選挙法の規定はなく、東京選挙管理委員会は「暗黙の了解で譲り合っていただくのが通例です」と話した。

 与謝野氏は昨年8月18日の衆院選公示日、出陣式の演説後に、貧血のため立ちくらみでダウン。点滴を打つなどして、翌日には復帰した。2年連続で選挙初日にトラブルに巻き込まれるドタバタ発進となった。


ノブレス・オブリージュという言葉がある。
すなわち「一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す」という意味だが、国家の公僕であり、国民を代表する国会議員、及びその候補となる人物は、そういった責任は当然自覚していなければならない。
しかし選挙公示の当日、民主党がたちあがれ日本に対してあからさまな選挙妨害を行い、抗議に赴いた、政治だけでなく人生の大先輩の胸ぐらをつかまえ、罵るという記事である。
実際、Youtubeで、その時の石原都知事の演説の模様があるが、民主党の行った街頭演説妨害行為には、品格の欠片すら感じられない。ノブレス・オブリージュなど、この輩の辞書にはないと見受けられる。

Youtube たちあがれ日本VS民主党 2

ちなみに妨害街宣車の主である白真勲。
節操のないメディアで知られるTBSには重宝されるキャラのようであるが、言わずと知れた外国人参政権推進者であり、日本人とはいえ、祖国コリアのために議席を得ている代議員といっても過言ではない。
外国人地方参政権が日本で実現しない理由は何だという問いに対し、「日本の一部にある偏狭なナショナリズムも一因である」という暴論まで吐く。
そのよう恥ずかしい持論を公言する前に、日本国憲法をもう少し勉強しろと言いたい
その白真勲であるから、数十メートル先の演説者が、外国人参政権反対の論客である石原都知事とあって、石原都知事の声をかき消そうとしているように映る。

白真勲という元コリアンのHPのコラムを読んでみれば、

それはそうとしてもう一つ、本当に残念だと皆さんが感じているのが・・・そうなのです・・・政治です。政治というと何か、とても遠い存在、そして国会中継となると野次と怒号の嵐みたいな状況です。

とある。

どういうメンタリティなのだろうか。
野次と怒号を発しているのは、明らかに白真勲の街宣車である。

自分の主張を訴えるためなら手段を選ばず、騒音としか取れない妨害音を発し、相手の主張をかき消してしまうのは、行動様式として、チンピラのそれと相通ずるものがある。

このような政党に、国政を任せることはできない。
ちなみにスポーツ報知にも、「白氏への人権侵害と批判されかねない」というような陳腐な報道で民主党の暴挙を中和させるような書き方は、厳に謹んでいただきたい。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/06/26 18:05 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ