FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年06月25日

参院選公示、政党の良識と共に問われる有権者の良識

← 応援クリック、ありがとうございます。

7月11日の投票に向け、参院選がスタートした。
ずっと若いころは、選挙のたびに走り回る選挙カーと拡声器を疎ましく思い、煩いだけと思ったものだ。
しかしいま、あるひとつの政党に国政の主権がわたり、その為に国の方向性が危うくなっている現状に対し、黙っていることなどできるはずもない。

参院選にむけ、民主党はマニフェストを公開したが、政策集であるINDEX 2009はそのまま残っている。
昨年の衆院選後、マニフェストの実現に先んじて、外国人参政権や人権保護法案など、国の成り立ちを危うくする政策を優先して推し進めようとした民主党の実態を知るにつけ、マニフェストは単なる隠れ蓑であって、彼等の本当の政策はINDEX 2009に集約されていると考えて差し支えないと思う。

野党の力はまだまだ物足りないが、それでも創生日本、たちあがれ日本、日本創新党による保守共闘も実行に移されつつある。
左翼政権である民主党に対する対立軸としては、非常に理解しやすいグループだ。
国家と国民のために尽くすべき政治家の良識が問われるのは勿論のことだが、今日、国家・国民どころか、特定の国のために政治活動を行う輩も見受けられる。
そういった政党、政策、政治家をスクリーニングする有権者の目も試されるときだ。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/06/25 00:09 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ