FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年06月23日

日教組を支持団体に抱える民主党は投票に値しない

← 応援クリック、ありがとうございます。

「つくる会」の請願不採択 教科書不使用問題で横浜市教委 (産経Web)

 横浜市教職員組合(浜教組)が自由社の歴史教科書を使用しない「授業マニュアル」を教師に配布し、これに対し「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)がマニュアルの回収などを求める請願を市教育委員会に提出していた問題で、市教委は22日の臨時会で同請願を不採択とした。
 請願は今月7日付で受理されたもので、配布したマニュアルの回収▽マニュアルの作成、配布に関与した教師の懲戒処分▽採択された自由社の歴史教科書の使用義務の周知徹底-を求めていた。つくる会側は、「文科省の検定を経て市教委で適正に採択した教科書を使用させないとする、組織的で大がかりな教科書不使用運動で、学校教育法などに反する極めて重大な違法行為」などと訴えていた。
 臨時会では、市教委事務局側が見解として、市教委は4月28日付で浜教組に対し文書で警告した▽その際に浜教組の役員に対し配布したマニュアルの回収を口頭で要請した▽あわせて各校の校長に採択教科書の使用徹底を通知した-の3点を説明。市教委はこれを承認するかたちで請願を不採択とした。(以下略)


中山成彬氏がたちあがれ日本から参院選に出馬するが、氏の名言「日教組は教育のガン」という主張が、公正な目で見直されるには良い機会ではないかと思う。
考えてもみていただきたい。
日教組というのは、単なる労働組合であって、教育に関する方針を決める立場にはない。それを決めるのは、国、地方など、労働組合より上位にある権威であり、教育者個人もしくは団体のイデオロギーがどうであろうと、その方針を恣意的に曲げる権利などあるはずがない。
普通の企業であれば、これは背任とか反逆とか言われる行為であり、それが公務員であった場合も。懲戒等の処分があって然るべきだ。
NHKや朝日、毎日などのメディアは、あえてこういったトピックを報道しないが、これが仮に自衛隊員の背任、反逆等であれば、待ってましたとばかりに飛びつくはずだ。
公務員が国家に対して反逆すると言うこの構図を、一刻も早く修整すべきである。

有権者は、この日教組を支持団体に抱える民主党の成り立ちを、もっと憂慮すべきだ。
更に、こういう問題が現在も存在するから、国民は、中山成彬氏に国政に参加するチャンスを与えるべきで、他方、山梨の輿石東氏は落選させるべきだ。


人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/06/23 19:13 ] 教育 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ