FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年06月07日

政権への期待値を平気で「政権支持率」と言い換えるTV朝日

← 応援クリック、ありがとうございます。

【世論調査】菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸 (産経Web

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が5、6両日に実施した合同世論調査で、菅直人新首相に「期待する」と回答した支持率は57・3%で、「期待しない」の35・6%を上回った。夏の参院選の比例代表での投票先は、民主党は34・1%と鳩山由紀夫首相辞任直前の前回調査(5月29、30両日実施)の22・0%から12・1ポイント増と急伸、自民党との差を16・1ポイントに広げた。鳩山内閣発足時の内閣支持率68・7%に及ばないが、首相交代が一定の効果をもたらした。
 政党支持率でも、民主党は30・6%と前回より12・9ポイントアップ。自民党は16・5%で前回と同じ。みんなの党は7・4%で2・4ポイント減らした。
 鳩山首相退陣には76・5%が「当然」と回答し、小沢一郎前民主党幹事長の辞任を「当然」と回答したのは93・0%に上った。だが、72・0%の回答者が参院選向けの首相交代だったと、今回の鳩山首相辞任劇を冷静に受け止めている。


以前、「総理には誰がふさわしい?」という無責任な世論調査というエントリーで、世論調査の設問に関する疑問を書いた。
政策も理念もわからない政治家を、単にイメージだけで誰が首相に相応しいか選ばせ、それを公的ペーパーを通して国民に伝えるという、メディアの無責任さを感じたからだ。
今回、様々なメディアが伝える菅新首相に期待が6割云々の報道に関しても、同様の無意味さを感じざるを得ない。

何故なら、菅新総理はまだ何もしていないからだ。
何もしていない人に期待するというのは、単に前政権、即ち鳩山由紀夫氏への幻滅と政治的閉塞感のリバウンドにすぎず、これをメディアの伝える通り「期待」と取れるかは、その本質をそのメディアが補完しながら報道すべきテーマではないか。
産経がまだかろうじてその責任を果たしているのは、「米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題については59・1%が「期待しない」と答えた。」という件で、新政権に対し、国家の根幹である安全保障の問題に期待ができない国民の意思も併せて伝えているところだ。

テレ朝など、この期待値を平気で「政権支持率」と言い換えている。
お得意の捏造に近い報道姿勢だが、これが国民に刷り込まれると、ほとんどの閣僚が残り、全体的に何も変わっていない民主党が、あたかも変わったように映る。

線が細い鳩山由紀夫氏に対し、菅氏は声がでかい。
声がでかい分、自信があるように映るが、その実は安倍元首相に言わせれば「陰湿な左翼政権」だ。
ともあれ、民主党の首にすげ替えと小沢隠しによる政権浮揚は、残念ながら当たった。
国民が菅直人氏の本質を見抜くには、もう少し時間が必要ということだろうか。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/06/07 22:29 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ