FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年05月12日
月別アーカイブ  [ 2010年05月 ] 

5月11日法務委員会~慰安婦問題について

← 応援クリック、ありがとうございます。

米国下院で「20世紀最大の売春事案」という濡れ衣を着せられた、いわゆる慰安婦問題であるが、本日の衆議院法務委員会で自民党稲田朋美議員が鋭い切り込みを見せた。

衆議院TV
5月11日法務委員会参照

まだ全部は見ていないものの、現政権の曖昧さを露呈するよい材料である。
稲田議員の質問は、この「20世紀最大の売春事案」という議決書の内容について、事実と異なる点があることを、外務省は抗議しているのか、また内閣官房はどう考えているのかという主旨のものである。

答弁にたった松野頼久内閣官房副長官は、稲田氏の具体的な質問に対して正面から応えようとせず、ひたすら「河野談話を踏襲している」と繰り返す。
意図的に具体的言及を避けているのか、答弁する材料が全くないのか、いずれかだろう。
いずれにせよ、現在の国会審議というものが、議論の場として機能していないことに、少々落胆させられる思いだ。

事後15年も経つのに、いまだに取りざたされる談話を発表してしまった河野洋平という売国議員は、度し難く罪深い。この一言で、どれだけの国益が失われたか計り知れない。

しかし村山談話、河野談話に続いて「鳩山談話」など出されたら、たまったものではない。
稲田議員のようなツッコミは、ある意味、その抑止になるかもしれない。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/05/12 00:28 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ