FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年04月28日
月別アーカイブ  [ 2010年04月 ] 

小沢斬り千載一遇のチャンスをスルーする首相

← 応援クリック、ありがとうございます。

首相「このまま頑張っていただきたい」 小沢幹事長続投を支持 (産経Web

 鳩山由紀夫首相は28日午前、東京第5検察審査会が「起訴相当」と議決した民主党の小沢一郎幹事長について「このまま頑張っていただきたい」と述べ、幹事長続投を支持する考えを表明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。


鳩山首相にとって、検察審査会による小沢氏起訴相当の議決は、小沢氏を切る千載一遇のチャンスだったはずだ。
勿論、それで政治とカネの問題が全て片付くものではなく、首相自身の問題は引き続き追及されることになろうが、それでも国民に対して首相としてのリーダーシップを見せるには絶好の機会だったはずだ。
それをみすみす逃した。
小沢氏を切れば、自身のカネの問題も再浮上する機会を与え、自らも道連れになる可能性もある。
そこに恐れを感じ、小沢氏の延命措置を示唆したと推察するものである。

鳩山氏は、普天間移設の問題では、沖縄の民意を大事にすると公言してはばからない。
その民意を大事にする首相が、政治とカネ問題を憂慮する国民感情、即ち民意は、都合よく無視する。
所謂ダブルスタンダードと謂えるものだ。

国民の政治不信は、日を追うごとに高まる。
いずれにしても、首相のリーダーシップ欠如を指摘する世論調査の数値は、この件で限りなく0%に近づくのではないだろうか。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/04/28 12:41 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ