FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年04月20日
月別アーカイブ  [ 2010年04月 ] 

石原慎太郎発言は人種差別か?

← 応援クリック、ありがとうございます。

福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める 「帰化しておらず、政治信条を歪められた」 (産経Web)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は19日、国会内で記者会見し、東京都の石原慎太郎知事が17日の外国人地方参政権の反対集会で、名指しこそ避けたものの与党党首の中に帰化した人がいるという趣旨の発言をしたことについて「私も、私の両親も帰化したものではない」と否定した。
 その上で、「私は外国人地方参政権には一貫して賛成してきた。政治家の政治信条を帰化したからだという事実誤認に基づいて説明することは、私の政治信条をゆがめ、踏みにじるものだ」と述べ、石原氏に発言の撤回を求めた。
 石原氏は17日の「全国地方議員決起集会」で、「この中に帰化された人、お父さん、お母さんが帰化され、そのお子さんいますか。与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、与党の大幹部ってのは調べてみると多いんですな」などと発言していた。
 福島氏は会見で「『与党を形成している政党の党首』といえば、おのずと特定され、私のことをおっしゃっているのだと考えた」とした上で、「(帰化を)問題とすること自体、人種差別だ」とも述べ、発言を撤回しない場合は法的措置も辞さない考えを示した。


加えて、読売の報道内容では、
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判 (YOMIURI ONLINE)

 社民党党首の福島消費者相は19日、国会内で記者会見し、石原慎太郎・東京都知事が与党党首には帰化した人が多いと発言したことについて、「私のことを言っているのだと考えた。私も私の両親も帰化した者ではない。しかし、帰化した人は日本人であり、帰化した者ではない日本人と同等の権利・義務がある。石原氏のように、そのことを問題とすること自体、人種差別ではないか」と批判した。
 石原氏は17日、都内で開かれた会合で、「与党には親などが帰化した党首、幹部は多い。先祖への義理立てか知らないが、日本の運命を左右する法律を作ろうとしている」と発言した。


石原都知事の発言は思い切ったものだが、石原氏の場合、このての発言は何も今に始まったことではなく、さして驚くに当たらない。
問題はこの発言が人種差別かどうかという点だ。
一般庶民感覚で言わせてもらえば、これは理論のすり替えだと思う。
石原氏の発言から読み取れるポイントは、繰り返すまでもなく、「与党幹部等に帰化した親を持つ議員がいる」、「先祖への義理立てか知らないが、日本の運命を左右する法律を作ろうとしている」という2点であり、帰化自体が問題だと言う論点を少しも読み取ることができない。
読み流せばひっかかりそうになるが、ここに論旨の拡大とすり替えが存在する。
福島氏はそれを拡大し、人種差別というが、これはサヨク陣営がよく使うレトリックなのである。

更に注意すべきは、民主党と連立内閣が推し進める悪法「人権擁護法案」というものが、このような言論の曲解と不当な言葉狩りの危険性を内包するということだ。
ひとつの事象、ひとつの発言を拡大解釈し、それを差別や人権侵害と糾弾し、言論の圧殺をはかる。これこそ民主主義や言論の自由と逆行する愚策だ。
石原発言と福島党首の反論の事象に学びつつ、改悪をストップしなければならない。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/04/20 15:16 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ