FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年04月14日

竹島の「韓国の不法占拠」という表現を避ける外相

← 応援クリック、ありがとうございます。

竹島の不法占拠問題で「交渉経緯を報告せよ」 宗男氏が異例の指示 (産経Web

 日本固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)について、岡田克也外相が日本政府の立場である「韓国の不法占拠」という表現を国会答弁で避けている問題にからみ、衆院外務委員会の鈴木宗男委員長が14日の委員会で、外務省に対し、韓国政府との具体的な交渉経緯を報告するよう異例の指示を行った。
 岡田氏は委員会で「不法占拠」という言葉を使わないことを「自らの信念」と繰り返し、韓国への抗議など具体的対応への言及を避けた。武正公一外務副大臣は「竹島のわが国の領有権については累次の機会に韓国政府に対ししっかり伝えている」と説明した。
 これに対し、鈴木氏は「どこの外相会談で、竹島問題に触れているのか。具体的に委員会に出してください」と指示した。
 外務省のホームページによると、昨年9月の鳩山政権発足後、首脳会談や外相会談で、日本側が竹島問題を提起した記録はない。


竹島問題には重大さを感じており、このやりとりは衆議院TVで確認した。

自国の領土を不法占拠されるということは、ともすれば戦争に発展する可能性すら秘める。
占拠される側にとっては侵略を意味するからだ。
従って、領土に関する政権、担当大臣、外務省等の責任を負う立場の人たちは、不法占拠は断じて許さないというスタンスで臨むのが当然と言える。
しかし岡田外相は、「”韓国の不法占拠”という言葉を使わない。信念だ。」という。
この信念がどのような結果をもたらすかは、歴史が証明することになるだろうが、大事な外交、こと領土問題に関して、個人的な信念を貫くことが国益に繋がるかどうかについては、特大の疑問符がつく。

ひとつ弱みを見せると、嵩にかかって攻めてくるのがお隣の国の特徴だ。
不法占拠という言葉を使わないということは、客観的に見れば「不法占拠ではない」と言っていることと等しく、岡田氏の”従来通り日本の領土”という説明はを信用しろと言われても無理だろう。

この外相に領土問題を任せるのは、非常に危険と言っていいだろう。
この政権が、外国による侵食を助長しているといっても過言ではない。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/04/14 22:13 ] 外交 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ