FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年04月07日

竹島問題: 韓国に主導権を握られる鳩山・岡田弱腰外交

← 応援クリック、ありがとうございます。

「政府として断固対処する」 竹島記述で韓国首相 (産経Web

 韓国の鄭雲燦首相は7日の国会答弁で、日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)を取り上げた小学校教科書が日本の教科書検定に合格したことなどについて「到底容認できず、政府として断固対処する」と述べた。
 鄭首相は、日本政府が2010年版外交青書で竹島を「明らかに日本固有の領土」と明記したことにも触れ、これまで「あまりに穏やかな対応をしてきたと言われれば、その通りだ」とした上で、今後は「より積極的に対応する」と強調した。竹島の実効支配を強化する措置などを検討しているとみられる。(共同)


「不法占拠」使わず (産経Web

 岡田克也外相は7日の衆院外務委員会で、日韓両国が領有権を主張している竹島(島根県)に関し、日韓関係への配慮から、韓国が不法占拠しているとの答弁を避けていることを明らかにした。
 岡田氏は「不必要な摩擦を招かないようにしたい。その言葉は使わないと心に決めて(韓国と)交渉している」などと説明。「不法占拠」と明記した政府見解との整合性については「従来の考え方に変わりはない。認識の問題ではなく、表現の問題だ」と述べた。


竹島問題をめぐる、日韓両国首脳の、時を同じくした発言である。
韓国は「到底容認できず、断固対処する」という強硬なスタンスを取り、我が国の外務大臣は「不必要な摩擦を招かないよう、配慮する」と述べる。
国際的にみてどちらの対応が大人なのかはさておき、これが韓国になめられまくっている民主党政権の姿と言ってもいいだろう。
「俺たちのもんだ!」と強硬に実効支配を進める隣国に対し、日本は「まぁまぁ話し合いで・・・」的な穏便な態度を取っているように思えるが、弱腰外交では解決の糸口すらつかめず、もはや完全に相手のペースと言うべき惨状だ。
この外務大臣が、民主党のなかでは比較的人気が高く、自民党舛添氏に次いで「総理に適任」と推されるくらいだから、日本の有権者も穏便すぎる。

韓国のこの外交スタンスは、チベットやウイグルを強硬侵略した”自国にとっての親分”「中共」の作法を参考にしているのではないか、と推察する。
中共の場合は軍事行動で両地区を制圧したが、韓国の場合は軍事で竹島占領を既成事実化し、日本が譲歩するのを虎視眈々と狙っているのではないか。

領土すら守れず、また守る意欲も見せず、「穏便に、穏便に・・・」と事を進めていたのでは、日本の外交は骨抜きと理解され、中共が描く50年後の日本自治区構想を、間接的に幇助することになるだろう。
普天間移設問題で迷走を重ね、日米関係にきしみを生じさせていることが、我が国が自ら隙を見せることになり、領土問題でもイニシアティブを握られる。
「いのちを守る」という鳩山氏の理念は、こういう部分で発揮されるべきだが、期待する方が間違いなのだろう。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/04/07 18:55 ] 外交 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ