FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2010年03月22日
月別アーカイブ  [ 2010年03月 ] 

鳩山内閣支持率急落、初の30% 危険水域へ

← 応援クリック、ありがとうございます。

【産経FNN世論調査】鳩山内閣支持率急落、初の30% (産経Web)

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が20、21両日に実施した合同世論調査で、鳩山内閣の支持率は前回調査(2月6、7両日)より12.3%ポイント減少し、30.5%に急落した。内閣支持率は3割を切ると、政権運営がきわめて不安定となる「危険水域」とされており、鳩山由紀夫首相は正念場を迎えたと言えそうだ。
不支持率は7.8%ポイント増の53.9%。鳩山政権の支持率3割台と不支持率5割台はいずれも初めて。
鳩山政権の評価では、首相の人柄を「評価しない」(46.3%)が、「評価する」(46.0%)を初めて上回った。首相の指導力や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題、「政治とカネ」問題への対応は、いずれも「評価しない」が7~8割を占め、政権への評価を下げた。16日で半年を迎えた鳩山政権の実績への評価も「評価する」は25.5%で、「評価しない」の57.5%を下回った。
 民主党の「政治とカネ」問題に絡み、民主党執行部を批判した生方幸夫副幹事長の解任については「評価しない」が72.3%と、「評価する」(15.0%)を大きく上回った。資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件を受け、小沢一郎氏は幹事長を辞任すべきだとの回答は74.3%と、前回に引き続き7割を超えた。(略)


政権発足時にあれだけの支持率を擁していた鳩山内閣だが、発足後半年を経て、早くも危険水域に入ろうという状況だ。
産経・FNNの前回調査は2月6、7日だが、わずか半月の間で12.3ポイントも降下している。
政治とカネの問題に落とし所を見つける姿勢・誠意が全く見えず、普天間問題で迷走を続け、生方副幹事長の解任も響いていると思われる。
まさに、国民にとって歓迎すべき材料が皆無であるということだ。

しかしながら、「いまだに30%もある」という見方も成り立つのではないか。
仮に、この政権が発足してから、政治とカネ等のスキャンダルが全くなかったとしても、政策面では評価できないどころか、日本を破壊しようとしているとしか見えない。
まさに、この政権と民主党の政策そのものが、既に危険水域なのだ。
外国人参政権、夫婦別姓など、党内のコンセンサスが得られずにマニフェストに書けなかったものを、拙速に法案化し、成立させてしまおうという魂胆が垣間見える。そして、そのことに国民が気付いた、という見方も可能ではないか。
そのように見ていくと、30%という支持率すら高すぎるのである。

政治とカネ問題を先送りし、普天間移設問題で国民の安全を脅かし、闇法案成立化を進める姑息な内閣・民主党に対し、国民が半年にして早くも拒絶を始めたということではないだろうか。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/03/22 21:25 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ